銀座のスクランブル交差点を真上から撮ったクソ写真

銀座のスクランブル交差点。正式には数寄屋橋交差点と言います。

東急プラザ銀座と不二家のビルが対角に位置している交差点で、東京に住んでる人ならだれもが一度は通ったことがあるくらい有名な場所です。

東急プラザ銀座が出来てからというもの、そのビルの上層階から眼下の交差点を撮った写真はよく見ます。

こういうやつですね。

もはやド定番になってしまったこの構図。インスタでも同じような写真があふれてます。

もうここまで言えば言いたいことはわかりますね?

クソ写真ってことです。

まあ撮るまでは許します。撮るまでは。でもそれをインスタとかブログとかにアップするのはダメです。

撮ってからそれを発表するまで冷静になる時間はあったはずです。その時間で自分が撮った写真はクソだということに気付けたでしょう。

逆に気付けないのは、それはそれで痛いです。写真のセンスがないということをこの機会に自覚しましょう。

薄々気付いていたけど、「いいね!」欲しさに負けたという人・・その気持ちはわかりますが、そんな弱い自分を律してこそだと思います。

でないと、良い写真は撮れないです。

画像コレクター」どまりです。

もっと逆張り精神を持つように心掛けましょう。

高いカメラやレンズを買う前に、人とは違うものを撮るんだ、撮ってやるんだという気持ちが大切だと思います。

撮影スポットが被ることはよくあることですが、今回の銀座スクランブル交差点の場合は

・誰が撮ってもほぼ同じような構図、同じような写真になる

というのが大きなマイナスポイントなのです。

「みんなと同じ場所で撮るな」っていう主張ではないので間違えないでくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする