SIGMA 16mm F1.4、大手サイトの作例をチェックしたがどうもピンと来ない

11月22日発売のSIGMA 16mm F1.4が気になって、いろいろ情報を集めていますが良い作例がなかなかないです。

そもそもレンズの作例を見てもピンと来ないのは、普通のことなのでしょうか。

普段自分が撮ってるもの、撮ってる感じとかけ離れた写真だと、「・・なんか違う」って感じが強く出てしまって評価しづらいんです。

ぼくがチェックした大手カメラサイトのレビュー、作例は以下のとおり。

◆ フォトヨドバシ
http://photo.yodobashi.com/sony/lens/16_f14dcdn/

SIGMA 16mm F1.4はAPS-C、MFT用のレンズなのに、レビューではなぜかフルサイズ機のSony α7で撮ってます。

作例も少ないですし、あまり広角の良さを感じられない構図です。

”F1.4とコンパクトネスが同時に叶ったスナップの名手”

とか言われてもスナップメインで撮ってる人からしたら、「どこがコンパクトやねん!」って感じでしょう。全体的に写真がイマイチなので説得力ないです。

◆ マップカメラ
https://news.mapcamera.com/KASYAPA.php?itemid=31120

こちらはα6500(APS-C)で撮ってます。
やたらと斜めな構図が多いのが気になります。

見る方としては歪曲とかが気になるのに、水平じゃなく傾けた構図にしてるのは何か不都合を隠しているんじゃないかと勘ぐってしまいます。

こちらも広角の良さが感じられない構図です。

あとSIGMAの公式HPでMTF曲線を見てみましたが、そこまで良いとは思わないんです。

正直、SIGMA 19mm F2.8と比べてもそこまで解像度に差があるように見えません。

19mm F2.8は160gで1.5万
16mm F1.4は405gで4.4万

星とか撮るならまだしも、スナップでバンバン振り回したいなら、19mmの方かなと思ってしまいます。

まあこれもあくまで第一印象なので、今後評価は変わるかもしれません。

アマゾンでは早くも残り1点と人気です。

SIGMA 16mm F1.4 DC DN(ソニーEマウント)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする