Sony α5000で夜の東京を撮る。

今まで1/1.7型のコンデジしか使って来なかったぼくにとって、APS-CのSony α5000の写りは驚きです。

しかも安い。α5000は安売りのときに買ったので、コンデジよりも安かったのです。

コンデジはRicoh GR Digital IVで一応高級コンデジに入る部類のカメラですが、そのGR Digital IVとの差をはっきり認識するのは夜です。

digi1611054

高感度でもノイズが少ないです。

digi1611052

1枚目はISO=1600、2枚目はISO=2500です。

digi1611053

digi1611055

最後の写真は三脚で撮りました。

ミニ三脚にカメラをくっつけて、

digi1611056

この状態でストラップを肩にかけて、持ち歩きます。

これならいつでも三脚を立てて、サッと撮影できます。

手持ちで撮る場合も、三脚が付いた状態で撮ります。
レンズはこれまた安いSIGMAのレンズです。

単焦点レンズ、三脚、APS-Cのミラーレス一眼。この3つをできるだけ安く買いそろえました。

全部で5万円以内です(笑)

それで「カメラを本格的にやってます」風を装えるのがすごいでしょ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする