RAW現像?何それ?おいしいの?JPEG撮って出しとの比較。

ちょっと前に城ヶ島で見た夕景です。

digi1612231

上の写真がいわゆる「JPEG撮って出し」
RAWで撮らない人が見ているのがこの画像です。

そして下がRAW現像を行った写真です。
digi1612232

RAW現像は自分の好みの設定(画像)になるように調整できるおもしろさがあります。

digi1612233

この例では、少しホワイトバランスを変えて夕焼けらしさを強調しています。
また暗い部分はより暗くして、明暗差も強調しています。

こうした画像編集は専用のソフトを使えばほんの2、3分で出来上がります。
最初にカメラで写真を撮るときにRAWデータで撮っておけば、後からソフトで編集可能なのです。

自分が見た美しい景色の記憶に近づける作業。
それがRAW現像と言っていいかと思います。

そしてRAW現像を行う無料で行えるソフトも多くあります。

ぼくのおすすめはRawTherapeeです。

http://rawtherapee.com/downloads

使い方も簡単です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする