お台場公園は気軽に行けるおすすめの夕日スポット

昨日はお台場へ夕日を見に行きました。

都心から気軽に行けるのがいいですね。ありきたりですが、お台場公園は車を持っていない人でも簡単に行けるのが良いですし、都会ならではの夕景を楽しめる場所です。

新橋や汐留からゆりかもめに乗って13~15分。お台場海浜公園駅で降りて徒歩3分で海が見えます。

こんなに近い夕日スポットはないんじゃないですかね~

この日は、最高気温が15℃くらいありましたが、夜になるにつれ風が強くなり体感温度は低く感じました。

手もかじかんでカメラをずっと持ってるのが辛いくらい。そんな中、広角と中望遠2つのレンズを交換しながら撮ってみましたよ。

着いた当初は、こんな感じで雲が多めでした。

しかし次第に雲の下から太陽が見えてきて、とても美しい夕景になりました。

雲があるおかげで、雲の上に放射状の光芒(光の筋)が薄っすらと見えています。

対岸のビル群のシルエットといい、なんて絵になる景色でしょう。

カメラはSony α5000(3万円台のミラーレス)、
レンズはこれまた格安16,000円のSIGMA 19mm F2.8 DN
一応RAW現像はしていますが、ほぼJPEG撮って出しに近い状態です。

何が言いたいかというと、レンズの性能やカメラの腕によらず、ここに来れば誰でもこんな写真が撮れるってことです。

太陽が隠れた後にまたレンズを交換して1枚。

最後にレインボーブリッジも撮りましたが、

このあたりは「寒いからもう帰りたい・・」と思いながら撮ったのでイマイチです。

一応三脚も持っていきましたが、この日は夕景を撮った写真に手ごたえがあったので、夜景はほどほどにして早めに退散しました。

みなさんもぜひ一度足を運んでみてください。

カップルや、若い人が多いですが、ぼくみたいなオッサンもよく1人で歩いています。オッサンは基本カメラ持ってますね(笑)

光芒が美しい写真はSIGMAのレンズで撮りました。
SIGMA 単焦点広角レンズ Art 19mm F2.8 DN ソニーEマウント用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする