Raw Therapee、どう使ってる?逆光の風景写真にはグラデーションファクターが効果的。

無料のRaw現像ソフトRaw Therapeeはなかなか良く出来たソフト。

以前、おすすめの現像方法として処理プロファイル「Genetic」→「DeepShadows」を行ってから最後にトーンマッピングで仕上げる方法を書きました。

通常ならこれで十分なのですが、強い逆光のシーンではまだ不十分なことがあります。

それはどういうことかというと・・

例えば上のような写真。これはJPEG撮って出し。

まあ悪くはないんですが、全体的に色味が薄く、シャドウも潰れ気味です。

この写真のRawデータに上で述べたDeepShadowを施すと、さらにシャドウが潰れしまいます。そこでDeepShadowの後に露出補正を行い、トーンマッピングで手前の人物のディテールを回復させます。

それがこの写真。

見てわかるように、手前はだいぶ明るくなりましたが、今度は空が明るすぎです。

ここで「グラデーションファクター」を使います。

有効にチェックを入れ、黄色で囲まれたマークをクリックすると、以下のような編集画面になります。(ぼくが使っているのはVer 4.1.1なので最新のものとは一部違う点があるかもしれません。)

中央に出てきたラインはマウスでドラッグでき、上下左右自由に動かせます。

これは、どこから上を暗くするか、そのラインを決める作業です。

暗くしたい空の部分にラインを持っていき、そこでグラデーションファクターの強度を調整すると以下のようになります。

空がだいぶ暗くなり、太陽の輪郭がはっきり見えるようになりました。

逆光の写真で、空をとるか、手前の人物をとるか、というのは写真編集でよくあるシチュエーションですが、このようにグラデーションファクターを使うことで両方をとることが可能です。

まず手前の被写体に露出を合わせてから、最後に空を暗くするのが手順としては簡単でしょう。

皆さんもぜひ試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする