ストリートフォトのtips(その2)~感性、撮影スポット、学び方など

スナップ写真、ストリートフォトのtips まとめ第2弾です。

第1弾はこちら
⇒ ストリートフォトのtips(その1)~魅力、準備、撮り方など

キラキラした写真を撮れない人こそ

キラキラした写真を撮れない人こそストリートのモノクロ写真をやってほしいと思う。

基本、キラキラ路線、ゆるふわ路線に付いていけてない人は、写真をやっていてもどこか居心地の悪さを感じているはず。

そんなモヤモヤを抱えた人ほど、モノクロでいい写真を撮れるはずだ。

人と同じことが嫌い、同じ写真を撮ってどこがおもしろい?って思っている人ほど、独自の視点で街の風景を切り取ることができるはず。

曲がった性格、ひねくれもの、そんな人の方がストリートフォトには向いてるのかもしれない。

そういう人はぜひ自分の感性を大切にしてほしい。

カメラや撮影テクニックは金で買えるが、感性は金で買えないというのは有名な写真家イルコさんの言葉だが、これは本当に名言だと思う。

インスタで有名な撮影スポットに行き、みんなと同じような写真を撮って満足する人は、いわゆる「画像コレクター」だ。

いくら「いいね」が欲しいと言ってもそれはやりたくないなと思う人こそ、ストリートフォトをやるべきだ。

モノクロにする理由

モノクロで撮る理由はおしゃれとかノスタルジーとかではない。

神社とか、古い看板を撮ってモノクロにして喜んでるレベルの人は早く頭を中を一新した方がいい。

モノクロによって強調される光と影。そしてモノの形。

モノクロには、写真の基本が詰まっている。

モノクロをやると光や影を意識することを覚えるし、光や影を意識した写真とそうではない写真をすぐに見分けが付くようになる。

それこそが写真の上手い下手を分ける基準になるものだ。

始めたばかりの人は、自分が撮った写真を今一度見直して、「この写真はモノクロにする理由があったのか?」と自問してみよう。

ただ「それっぽくなるかな~」というような理由でモノクロした写真は全部捨ててしまおう。

ローアングル

ローアングルはストリートフォトにおける定石みたいなもの。むやみに多用するのはどうかと思うが、それでも全く知らないよりはマシだ。

撮り慣れていない人はどんどん試そう。

カメラを地面すれすれに近づけて撮る景色がいかに素晴らしいものかは一度体験すればわかる。

特に75mm~85mmの中望遠レンズで、遠めの通行人にピントを合わせ、近くの地面をボカすのがお気に入りのやり方だ。

ただしローンアングルは人通りの多い場所でやると、盗撮と勘違いされるので注意しよう。

都内の撮影スポット

東京のモノクロインスタグラマー達に有名な写真スポットと言えば、

・東京国際フォーラム(丸の内、有楽町)
・国立新美術館(六本木)

この2つ。

どちらもガラス張りの建物で、太陽光が室内へ差し込み、きれいな光と影を投影してくれる場所だ。

モノクロ写真にすると、その影が印象的な模様となり、写真にインパクトを与えてくれる。

モノクロのストリートフォトと言ってもどこで撮ったらいいかわからない人は、まずこの2箇所を押さえておこう。

ただし、人と同じ構図はできるだけ避けること。グーグルで画像検索して出てくるような写真を撮らないように。

手垢の付いた場所だということを意識して撮ろう。

また今はOKでも将来もしかしたら撮影禁止になることもあるので一応最新の情報をチェックしておこう。

シルエット

通行人をシルエットにして撮る方法はぜひ覚えておきたいテクニックだ。

シルエットというと、太陽を背にしたまぶしい逆光の場面を思い浮かべるが、よく観察すると街中のいろんな場面でシルエットは存在する。

理解しないといけない点は明暗差。

・人は暗
・背景が明

これがシルエットの基本的な条件だ。

つまり、

・いかに「人に光を当てないか」を考える
・そして明るい背景を探す

ということだ。

最初の「光を当てない」ということは気づきにくいポイントだ。

写真以外の楽しみを捨てる

写真は基本的に1人で撮る。

友人同士で撮りに行くのも楽しいが、毎回それをやるとどうしても馴れ合いになってくる。自分の納得いくまで撮れないなど、写真に悪影響が出る。

写真を撮った後の飲み会の方が楽しくなってきたりするのも良くない。
買い物ついでに撮る、家族旅行ついでに撮る、・・そういうもの良くない。

そういうのはまず1回捨ててみよう。

なぜならそれは写真100%の濃度を薄めるものだから。
カメラの上達スピードを著しく鈍らせるものだから。

とにかく写真を一番に考えられるか?
そして他の楽しみを捨てられるか?
それがまずは大事。

ぼくは、早い段階で「楽しく撮ってます」と満足しちゃうのが嫌だったので、写真を撮りに行くときは写真のことを100%考えるようにした。

写真の上達を考えるなら、それが一番早い道だと思う。

友人と飲みながらレンズの写りについてあれこれ議論するのは、もう1つ上のステージに行ってからでいいんじゃないかと思う。

実際、写真100%はとても楽しい。

インスタをうまく活用すべし

インスタには素晴らしいストリートフォトを撮る人がたくさんいる。
特に海外フォトグラファーはレベルが高い。彼ら彼女らの写真を毎日見て勉強しよう。

ストリートを撮るといっても最初は全く写真にならないはずだ。
実際インスタとかで「ストリートスナップです」とやってる写真の9割はそうだ。

だからこそ、海外フォトグラファーの構図やオチの付け方を学ぶ。

これはテクニックというよりもある意味、感性を磨くということでもある。

インスタは他人に見てもらうということよりも見て学ぶ場所なのだ。

特定のフォトグラファーではなくても、フィーチャーアカウントは必ずフォローしておくこと。

最近のおすすめは

bnw_greatshots (フォロワー数12.5万)
https://www.instagram.com/bnw_greatshots/

bnw_planet (フォロワー数20.6万)
https://www.instagram.com/bnw_planet/

bnw_rose (フォロワー数13.4万)
https://www.instagram.com/bnw_rose/

の3つ。

日本人フォトグラファーにも良い写真を撮る人はいるので、日本人をフォローしても良いが、日本人同士で慣れ合いにならないように注意しよう。

枚数ではなく頻度を増やせ

写真の上達には、枚数ではなく頻度が重要だと思う。
週1回の撮影で500枚撮りました、1000枚撮りましたっていうのもいいけど、1回100枚くらいの撮影を週に3回くらいやる方がいい。

1回撮って帰ってパソコンの前で1人反省会。
うまく撮れたときはガッツポーズ。
うまく撮れなかったときは何が悪かったのか考える。

このフィードバックの回数が上達スピードに直結する。

不要な光

わざと指を入れて撮ったこの写真

左上の空が明るすぎたのでどうにかしたいと思って、咄嗟にとったのが指で空を隠すという苦肉の策だw

モノクロに現像すると下のような写真になる

「指」はさすがにやりすぎかもしれないが、こんなふうに光をコントロールしようという意識は大切だ。

特にモノクロの場合は、光を当てないということの意識。
それを持てるようになるには相当な数を撮る必要があるだろう。

ちなみにこの写真は、インスタで海外フォトグラファーから大きな支持を受け、複数にアカウントからフィーチャーされた写真となった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする