Twitterに縦構図の写真を投稿したときの見え方

Twitterに縦構図の写真を投稿するとき、みなさんはどうしてますか?

Twitterに投稿した写真の見え方は、

・パソコンから見る
・スマホから見る

で違いますし、

・画像をクリックして見る
・クリックせずサムネイルを見る

でも違います。

さらに、

・写真を1枚だけ投稿する
・複数枚同時の投稿する

でも見え方は違います。

そんな中で、最適な見せ方はどういう形なのか?ということを考えてみました。

基本的には、みんなスマホで写真を見てると想定し、スマホ用の最適解を探ってみます。

Twitterに写真を1枚投稿すると、スマホからは16:9の長方形としてサムネイルが表示されます。

例えばアスペクト比4:3(16:12)の写真を投稿すると、縦の部分が全部は表示されません。

その画像のサムネイルをクリックしてはじめて全部が表示されます。

これで困るのが縦構図の写真です。

ぼくはよくインスタ用に縦4:横5というアスペクト比の写真をtwitterに投稿するのですが、4:5が16:9に切り取られると、ひどいことになるのです。

Twitter上ではこんな感じに表示されるわけです。

せっかくの写真が台無しです。

クリックしてもらえればいいのですが、そこまでみんなヒマじゃないので上記のような写真はどうしても反応が悪くなります。

ちなみにパソコンからだとサムネイルは正方形になります。

上の例は、写真を1枚だけ投稿したときの見え方でしたが、4枚同時投稿してもスマホからは同じく16:9です。

そしてパソコンからは下図のように正方形が4枚(1つは大、3つが小)になります。

4枚投稿はよく見ますが、スマホやPCからどのように見えているかちゃんと認識していない人も多いのではないでしょうか。

縦構図で一番良いと思うのが2枚投稿です。

2枚投稿時、スマホからは7:8で表示されます。

これなら縦構図でもかなりの部分が表示されるので反応もマシになるのではないかと思います。

縦構図の写真は、欲張って4枚載せるより、2枚だけに留めておく方がいい。

覚えておいて損はないと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする