カメラ、写真系のyoutuberってどうよ?

カメラ、写真を趣味にしてからというもの、関連するyoutuberさんたちの動画をたまに観ています。

機材とか撮影テクなどの情報収集として観ているのですが、正直あまり上手い人はいないですね。

有名なイルコさんは別格ですが。
https://www.youtube.com/user/ilkophoto

ブツ撮りとかで決められたものをキッチリ正確に撮るという技術は皆さんそれなりにあると思いますが、スナップとかで街中の景色を撮ってる写真を見ると、「え~そんなレベル?」と驚きます。

アマチュア中級者レベルのぼくがそう思うくらいなんで相当ひどいと思います。

やはりストリートに関しては仕事として撮ってない分、経験不足なんでしょう。

もうね、撮るものが全然ダメなんですよ。

どう撮るかとかそういう問題以前に、撮るものの決め方。ストリートスナップではそれが一番重要で、それは「モノ」ではなくて「瞬間」だったり「光と影」だったりします。

それが全くわかっていないです。

目に留まった「モノ」、自分が興味をひかれた「モノ」
全て「モノ」を撮って、「いや~解像してますね~」とかやってるわけです。

いい加減、ストリートでレンズの性能テストをやってる馬鹿らしさに気付いてほしいです。

商業カメラマンは、クライアントから「この商品を撮ってください」と撮るべきものを与えられてからが仕事・・だからなんでしょうか。

撮るべきものを自分で選ぶとなった場合、途端に素人レベルになってしまう傾向があるようです。

そうした写真系youtuberは、自身のブランドを守るため、一貫して強気、上から目線ですから、何も知らない初心者は、コロッと騙されちゃうんでしょう。

おせっかいになるかもしれませんが、初心者の人たちには、youtuberのプロカメラマン(商業カメラマン)の言うことをあまり妄信しない方がいいですよと言いたいです。

確かに彼らは機材の知識とかも豊富だし、話もうまいので、聞いている分にはとても良いのですが、肝心の写真が・・ね。

カメラ・写真系のyoutuberをだいぶディスってしまいましたが、結局ぼくの不満は、カメラ中級者以上の人が楽しめるチェンネルがないってことです。もっと出てきてほしいですね。

写真系youtuberの中には、「一緒に学んでいきましょう系」の人もいます。あるいは「仲間を探しています系」

こういう人の動画は、まだ好感が持てます。youtuber自身がまだまだ勉強していこうという姿勢がありますから、ぼくもとても共感できるのです。

あと、同じyoutubeで観るなら、写真をたくさんスライドで流すような動画の方がおすすめです。

⇒ Street Level Photography

どんな言葉よりも1枚の写真が持つ説得力。
やっぱりこれですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする