新型コロナウイルス感染拡大について。理解したこと、思ったことなど

新型コロナウイルスが日本でも感染拡大の様相を呈してきました

連日のように感染人数を伝えるニュースが流れ、しかもその人数は徐々に増加しています(2月16日現在)

こうなってしまったからには、もうある程度覚悟しないといけないでしょう

ぼくは最初少し楽観視してましたが、2月12~13日くらいからなんとなくやばそうな雰囲気を感じました。

そこで遅ればせながら新型コロナウイルスに関する情報を整理することから始めました

先の大震災でも学んだように、こういうときは一次情報にアクセスすること。

まずは厚生労働省のHPに書いてる内容を何度も読んでみました

新型コロナウイルスに関するQ&A(厚生労働省)

以下はその内容を抜粋して簡単にまとめたものです

Q: 潜伏期間はどのくらいありますか?

現時点の潜伏期間は1-12.5日(多くは5-6日)とされています

Q: 無症状病原体保持者から感染しますか?

無症状病原体保持者、つまり症状がない人からも感染するのかどうか。
中国から「感染する」という事例報告があったものの、まだ確実なことはわかっていません。

Q: 感染ルート

(1)飛沫感染
感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つば など)と一緒にウイルスが放出され、他者がそのウイルスを口や鼻から吸い込んで感染します

(2)接触感染
感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスが付きます。他者がその物を触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触って粘膜から感染します。

Q: エアロゾル感染って空気感染ってこと?

いいえ、エアロゾル感染=空気感染ではありません

「飛沫が空気中で混ざり合ってエアロゾルを形成し、これを吸引して感染する」は飛沫感染に相当します

====

ここからはぼくの感想

政府の対策が後手に回っているせいか、政府などが発表するニュースや注意に全く耳を傾けない人がいますが、ぼくはそれは悪手だと思います

まず症状がない人からの感染は、確実なことはわかっていないとされています

世間的にはこれはもう「Yes」という雰囲気がありますよね
でもよく見ると「Yes=感染する」って言ってる人の根拠があいまいだったりします

そもそも「無症状病原体保持者がいる」ということと、その人から他人に感染するということの違いを理解せずに騒いでる人もいますね

大体そういう人は「菌をばらまいてる」とか表現したりします
ウイルスと菌は別物。専門家なら決してそんなことは言いません。

まあ現実的には、「わからないなら最悪を想定しとく」ってことでOKでしょう

もうかなり身近なことろまでウイルス感染が蔓延しているのは確かなので、最大限の用心をする必要があると思います

「エアロゾル感染=空気感染はデマ」は早めにアナウンスがあったのでけっこうみんな知ってるのかもしれません

ただ飛沫感染と接触感染をちゃんと理解している人はあまり多くないと思います

例えば、同じ鍋をつついて感染するのは経口感染で、今回のコロナウイルスでは経口感染はないとされています

でも実際にそういう話を聞いたことがありますよね?
それは鍋を一緒に囲む距離で、飛沫感染や接触感染が起こったからです
食べ物を通じた感染ではないことを理解しておくべきです

クルーズ船の感染拡大はどうでしょうか?

あれは空気感染だろ!って思う人もいるかもしれませんが、専門家は否定しています

やはりあれも接触感染が主な原因だと考えられます

===

ここからまた厚生労働省のHPに戻ります

Q: 感染を予防するために注意すべきことは?

まずは、石けんやアルコール消毒液などによる手洗いを行ってください
持病がある方などは、公共交通機関や人混みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください

===

以下ぼくの感想です

最終的には「目、鼻、口、のど」の粘膜にウイルスが付着して、それが体内へと侵入することで感染すると理解しています

この中で口、のどに関しては1つわかったのは、水とかお茶で早めに流して胃酸で殺すのは有効ってことです

つまりウイルスを飲み込む(胃の中に入れる)のはOKなんです

まずいのは中途半端に口やのどにウイルスを留まらせること。
これだと粘膜を通じて細胞内に入ってきてしまうからです

そうさせないために、こまめに水とかお茶を飲みましょうってやつですね

テレビでもそのような内容を放送していたので、実践している人は多いかもしれません

うがいよりも飲む方が確実っぽいです

※あくまでぼく個人の意見です

◆感染経路

よく考えておくべきは、ウイルスはどうやって口や鼻などの粘膜につくのか?ということ

その1番の原因は自らの手です

せきやくしゃみを至近距離で浴びなければ、あとは接触感染、つまり手です。

だから、あれだけ繰り返し「手を洗いましょう!」って言ってるわけです。

マスクよりも手洗いの方が圧倒的に重要です

ウイルスが手から、口や鼻、目などへ移動する前にやっつけないとダメってことですね

最悪、口に入ったやつは、水やお茶で流して胃酸で殺します。

でも目や鼻はそれができないので、目がかゆいとき、鼻がかゆいときは、本当に注意しないといけません。

例えば、混雑した電車内で、目をこする、鼻をさわる、は、かなりリスクの高い行為です

◆石鹸、アルコールについて

アルコール系の消毒液が売り切れ状態です

でもせっけんでもOKですから、無理してアルコール系の消毒液を買う必要はないと思います

せっけん(界面活性剤を含んだ)なら、ウイルスの膜を溶かすことができます

固形のせっけんでなくても、ハンドソープでもOKです

そもそも手洗いは水の勢いでウイルスを手から弾き飛ばしてしまうという効果もあります

なので、せっけんやアルコールがなくても水で洗うだけで少し効果はあるはず
何もしないよりはマシです

よく言われているように、手洗いは入念に。手首や親指、爪の間とかも忘れずにしっかりやりましょう。

◆それでも心配な人へ

アルコールも使いたいけど、アルコール消毒液が売り切れ、または高騰していて使えないっていう人もいるでしょう

ぼくはキッチン用のアルコールスプレーを手に使ってみました。食器とかに使っても大丈夫なやつ

キッチン用のやつはたまたま家にあったので、外から帰ったときはそれを使ってます。

◆電車はやばい

よく言われているように、電車など人が集まる密閉空間はリスクが高いと思います

飛沫感染を防ぐために、マスクはしておいた方がいいでしょう

つり革や手すりなどから接触感染する可能性もあります
むしろこちらの方がリスクは高いような印象があります

電車から降りたら、すぐに手洗い。
可能なら少量の水、お茶を飲むなどはしたいです

いま一番心配なのは

自分が感染することはある程度覚悟していますが、病院で適切な検査や処置を受けられない可能性があるのは心配です

ぼくの考え、まとめ(2月16日時点)

・接触感染が一番やばそう
・つまり手
・手から口、目、鼻の粘膜へ
・だから手洗いはマジで重要
・口に入ってくるやつはお茶で流して胃酸で殺す

・電車はリスク高い
・降りたらすぐに手洗いをしたい

・家にアルコール消毒液はないけど、キッチン用のやつで代用
・基本はせっけんでしっかり洗う

・感染してしまったときに病院の受け入れ体制が不安

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする