麻雀天鳳は途中から6連勝と好スタート

麻雀天鳳を始めたのはいいのですが、東南戦の赤ナシ喰いタンありはかなりマイナーで全然4人集まりません。しょうがないので「赤あり」にしてやっています。

「まあ最初は軽く勝てるでしょ」

と余裕ぶっこいていたら、2位、2位、2位と、まさかの3連続2位。勝負弱さを露呈してしまいました。

しかしこの3回でだいぶコツをつかみ、

1位、1位、1位、1位、1位、1位

怒涛の6連勝!

さすがにこのレベルで負けてはいられません。

サクッと5級まで昇級しておきました。

「赤あり」は鳴きが多くなってくるのでその鳴きへの対応が今まで以上に求められます。さらにタンヤオドラ2とかをダマで直撃される頻度も高まります。5200点、親なら7700点ですからけっこう痛いです。赤がなければ、そこまでダマをケアしなくてもOKだったのに、赤が入ると途端に神経を使う場面が多くなりますね。

digi1606254

画像はタンピン三色イーペーコー、ドラ4の倍満直撃の場面。こんなマンガみたいなアガリはこれからレベルが上がるとまず無理でしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする