今年のお盆は麻雀三昧

まずは8月11日に開催された麻雀プロ団体日本一決定戦

麻雀団体の名前なんてそこまで知らなかったですけど最近ようやく少しわかってきました。

日本プロ麻雀連盟は、ネット麻雀組からすると何かと目の敵にされます。確かに上層部は衰えが激しいロートルばかりですが、主戦級は実力者ばかりな気がするのでそこまで叩かれなくてもいいような気がします。

ヒサト、前田などぼくでも知ってる有名な2人が活躍したみたいです。特にヒサトは役満の地和をあがったとか。
ぼくは後半から観戦したのでその瞬間は見れませんでした。

でもヒサトの地和、ツイート数のピークはたった36件か・・・
digi1608121

まあ考えてみればこういう企画自体、すごいことですよね。これも藤田氏(サイバーエージェント)のお陰です。

麻雀界、かなり盛り上がっています。

次は8月12日の天鳳名人戦

こちらは、麻雀プロ団体戦よりも攻撃的な麻雀が見れておもしろかったです。サッカーで言うなら3-2、4-3というスコアの打ち合い。しかもただ突っ込んでいくんじゃなく、ギリギリのところで回避しながら踏み込んでいく勝負なんですよね。

1人が鳴き仕掛けて7巡目にテンパイして、その1巡後に親リーチが飛んできて残り2人は完全撤退かと思いきや、そうじゃないんですよ。最後の最後まで誰があがるかわからないようなハラハラする展開で、見ていて純粋に楽しいし、時間があっという間に経ちます。

あれは本当にレベルが高いです。

そんな中で印象に残ったコバゴーの牌譜を紹介。

digi1608131

これ456のカンチャンをチーした場面。言われてみればなるほどですが、鳴き仕掛けがまだ甘いぼくなら実戦で見逃してしまいそうです。

こちらもまたコバゴー。

digi1608132

コバゴーがいつものようにファン牌を鳴いて2枚安パイを抱えていたら、あっという間に2人リーチ、対面もテンパイ。こんなときでも安パイ2枚あるから大丈夫・・と思ったら「西」は下家のチートイにぶち当たる!

さあどうするコバゴー!?

どうすか?続きみたいでしょ?w

解説付きの動画はこちらから見れますが、確かこの場面は映っていないと思うので牌譜再生をご覧ください。

解説付き動画⇒ https://abemafresh.tv/threearrows-ch/29085

牌譜再生⇒ http://tenhou.net/5/?log=2016081221gm-0009-10011-2818c482

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする