【麻雀天鳳】強い人の解説とか聞いて、少しずつ場況厨へ

天鳳は一時期の絶不調から少し回復しました。

現在の戦績 五段 1285/2000pt

1位率 0.311(前回0.325)
2位率 0.245(前回0.268)
3位率 0.256(前回0.243)
4位率 0.187(前回0.162)

対戦数 363
平均得点 +6.32
平均順位 2.31

和了率 0.236
放銃率 0.111

副露率 0.279
立直率 0.178

麻雀って勝てるときはホントすんなりで、勝てないときはあれほどラス抜けするのにひぃひぃ言いながら全力で仕掛けてもダメなものはダメなのに、勝つときは何も汗かかずにサクッと勝てますね。逆に負けるときの無力感は半端ないですけど。。。

以前より場況、山読みを重視するようになりました。
ASAPINやコバゴーなど強い人の解説を聞いてると、やたらと場況、場況と言ってるんですよね。「このペン7s、良さそうですね」とか。

聞いててそれがなぜいいか、わかるときもあればわからないときもあったんです。それでもっとその辺のことを勉強したいと本を買うことに。

とりあえず買ったのはこれ。

で、迎えた実戦。

digi1611301

図はペン3萬でリーチを打つ場面。

上家に1枚鳴かれていますが、それ以外は山に居そうと読んでリーチに。

後から牌譜で確認すると、読み通り3枚生きでした。

こうして見返してみても、完全に先制できてるし、いいリーチだなと思うわけです。

このペン3萬は結局他家に流れてツモれませんでしたが、抽選の受け方としては良かったんじゃないかと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする