【麻雀】最強戦、MONDO杯、天鳳・・・など

今年はスカパーで麻雀最強戦をやってくれません。
麻雀熱が再燃したのは、2014年藤田氏が優勝した最強戦を見たのがきっかけ。今年も見たかったのに残念です。

代わりにMONDO TVでMONDO杯を見ています。以前も言いましたが、最近のMONDO杯はメンツがかなり豪華(実力的に)で見ごたえがあります。

コバゴー、石橋、寿人、村上、前田、瀬戸熊、木原・・といったメンバーです。
解説も対局がない出場者が順番で受け持ってくれます。

最強戦を見られなかったのは残念でしたが、天鳳名人戦などネット上にも面白い麻雀番組がいろいろあるのでかなり楽しめています。

今月から別アカウントで遊んでいる天鳳の戦績は以下のとおり。

初段 200/400pt

1位率 0.316
2位率 0.300
3位率 0.216
4位率 0.166

対戦数 60
平均得点 +7.85
平均順位 2.23

和了率 0.252
放銃率 0.098

副露率 0.375
立直率 0.155

初段、上卓へ(本アカは特上5段で休憩中)
1回特上を経験した後に上卓で打つと、その差をさらに痛感しますね。

特に先制リーチを受けたときの対処。それが特上とはハッキリ違います。

リーチを受けて粘れないというか、すぐにベタオリになってしまう人、あるいは中途半端に放銃してしまう人が多いように見受けられます。

digi1612252

また逆に鳴きに対しては無頓着で、親のダブ東ドラ1の5800とかにラフに放銃しているのをよく見かけます。

えらそーに言ってますが、ぼくも三段で打ってた頃は似たようなレベルでした。でも特上に上がって1回ボコられてかなりその辺の意識が変わったと思います。

そして上卓で打って自信を取り戻しつつあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする