【麻雀】押し引き本は高段者には役に立たないと言われたことが五段のぼくには一番効いた

特上で苦戦中の天鳳。

これではいかんと言うことで、福地さんの押し引きの教科書を買いました。

digi1701031

ちょっと前から自覚があったことですが、読んでみてやっぱり「自分は押し引きがわかっていない」というのを痛感しました。

買って良かったと思いましたね。

さらに天鳳九段の人が、この本について「高段者にはあまり役に立たない」というような趣旨の発言をしてたことに驚きました。

つまり、

五段のぼくには目から鱗のことが、九段の人には当然のこと。

だったんです。

これはショックでした。

今までも高段者との差は感じていたのですが、当たり牌を止めるとか、形テン取りとか、一部しか見えてなかったんだということがわかりました。

「高段者には役に立たない」と言われることで、その差を初めて正しく認識できたような気がします。

さて、押し引きの基本を学んで臨んだ新年一発目の天鳳はというと、

いきなりのラス・・

結果がついてくるにはしばらくかかりそうです。。

しかし、みんながこれを読んでライバルが増えると困るなあ
⇒ 現代麻雀 押し引きの教科書

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする