【麻雀天鳳】人生初のダブル役満

天鳳で五段に昇段するちょっと前の対局でした。

南入して3着目。ラスとは微差でこの配牌。

親の第一打「北」にポンが入ります。

ぼくの第一ツモは9sでした。

よく見ると9種10牌ですが、ポンが入っているので二巡目扱い。「流しますか?」って聞かれませんでした。

ちょうがないので国士を見ながら、

8pから切っていきます。

次々巡。上家から「白」が出ましたがスルー。
「東」が重なりました。

ここで国士からホンイツやチャンタへ路線変更。

そして次巡。「中」が重なり、字牌のトイツが4つになって俄然やる気が出てきました。

オタ風の東をポンした後、さらに「発」も重なります。

こ、これは!ww

あんな配牌から、こんな化け物手になるなんて・・

さすがにここまで来ればホンイツやチャンタは見ません。

字一色へまっしぐら。2m、1mを落としいきます。

役満をあがるときってこんなもんなんでしょうか。もう中終盤でみんな2副露しているのにだれ1人テンパイしてませんよ。

これ一応特上卓ですからね。普通なら2、3人テンパイしていてもおかしくない状況です。

実際打ってるときは、誰かに安くかわされてもしょうがないよな~とか心に保険をかけつつ打ってました。(でないと、ショックがデカいので)

そんな中、とうとうテンパイ。

そして下家にチーが入り、ツモ順が変わった直後にあっさりと高目の「白」をツモり上げました。


大三元、字一色ダブル役満

16000、32000です。

なんか、役満あがってドヤるのってちょっと恥ずかしいですが、ダブルなんで許してください。

不思議なもんで、配牌に恵まれた役満よりも、配牌は平凡でツモに恵まれた役満の方がうれしいです。どちらもラッキー以外の何物でもないのですが、つい後者の方は運の割合が低いと勘違いしてしまいがち。

そうした所も人間の弱さだなと再認識した一局でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする