【麻雀】Mリーグ開幕戦を見た感想

麻雀のMリーグ開幕戦をAbema TVで楽しく見させてもらいました

ドラフト会議以降あまり情報が出てなくて、一体どういう感じでやるんだろうと思ってました。

解説や実況、演出とか、そもそも無料で見れるのかとか。

そういう部分でちょっと不安もあったのですが、基本的にはRTDスタイルに近いスタイルで安心しました。

特に麻雀観戦で重要なのは解説だと思っていたので、当日試合のないMリーガーが解説を担当してくれてホッとしました。

開幕戦の解説はしゃべりに定評のある多井さんでした。

いつもスーツ姿の雀士が、ちょいダサのユニフォームを着て麻雀を打つのはなんか違和感ありましたが、対局中映るのは手牌くらいなのでそこまで気になりませんでした。

パブリックビューイング(PV)の雰囲気も映し出されていましたが、あれを見てPVに行きたいと思う人はどのくらいいるんでしょうか?

まあ麻雀好きの友人何名かと一緒に行って酒飲みながら、観戦するというのはアリだと思いますが、1人でPVに見に行きたいという人はかなり少なそうに感じました。

Abema TVで無料で見れるわけですしね。(PVはワンドリンク付きで4千円)

PV会場には他のMリーガーも来場してましたが、今後はどうなるんでしょう?

会場に行けばMリーガーと記念撮影できるかもよっていう感じなら魅力はありますが。。。

将棋のタイトル戦とかも、大盤解説といってPVのような会場がありますが、そこでは「次の一手」とか来場者が参加できるイベントがあります。

MリーグのPVもそういった来場者がもっと楽しめるイベントを工夫すべきではと思いました。

ゲーム内容については、個人的に応援しているU-NEXTパイレーツが好発進を決めてくれて安心しました。

1戦目でコバゴーがダントツトップから親に逆転の18000を放銃したシーンはちょっとショックでしたが、あの順目はもう事故としか言えないです。2戦目で石橋がきっちりトップを取ってくれたのが大きかったですね。

萩原聖人は、かなり力んでましたね。
「これがおれの麻雀だ!」みたいなのが伝わってきましたが、赤入りへの対応力という意味では疑問符のつく麻雀でした。予想どおりというか、予想以上に対応できていないなあと感じました。

印象に残った押しは

・1戦目ダントツの小林の親リーにダンラスの魚谷が無筋切っていって逆に満貫直撃
・2戦目のオーラス、トップ目のたろうがイーシャンテンから4p押し(結果放銃で2着だったけど)

魚谷の押しは真似できないけど、たろうさんの押しは勉強になります。

あれができないから、自分はトップ率が低いんだな~と反省しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする