ココイチのカレー。具入りのカレーだとルーが少なくなる!?

ココイチのカレーをデリバリーで注文することがあるのですが、毎回カレーのルーが少ないことが不満でした。

1.普通のカレーのルーは適量で問題なし
2.妻が注文するカレーはなぜかルーがかなり少ない
3.それはルーに具が入ってるタイプのカレー

4.ライスの量は少なめ(200g)にするとルーの量まで減った

特に4番目で妻がかなり不満を口にするようになりました。

そこで今回は、注文時の備考欄に「ライス少なめでもルーの量は普通でお願いします」と書いて注文したところ、ココイチの店舗から電話がかかってきて

・ライスを少なめにするとルーも減る仕様になってるので無理
・ルーが欲しければ、ルー追加で+103円かかる

と言われました。

ライスを少なめ(200g)にすると-51円
ルーを追加すると+103円

差し引きで+52円

ライス普通(300g)+ルー普通よりも、52円高くなるのは納得のいかない所です。

そもそもライスを少なくすると勝手にルーを減らされるのが、気に食わないですね。

後日、どうも気になったので調べてみたのですが、やはりライス少なめにするとルーも少なくなると公式HPに記載されてました。

ただし、その量や比率はぼくや妻が感じた印象とだいぶ乖離があるようです。

上の表はココイチが公表しているライスとルーの割合です。

一番右の列がルーの割合。
これを見ると、ライス200gのときが約88%とルーの比率がずば抜けて高くなっています。

つまり、表のとおりだとライス200gを頼んでルーが足らないなんてあり得ないということになります。

しかし実際妻が経験したのは全くの正反対。ルーが圧倒的に足らないという現象でした。

ぼくも妻のカレーを横で見て、確かにこれはルーが少なすぎるなあと思いました。

ルーが圧倒的に少ないのは何度か目にしてきた現象で、たまたま運悪くとかいう問題ではありません。

なぜこのようなことが起こるのか?

理由として有力なのは、カレーの種類によるということです。

ルーの量はグラムで量っており、妻が注文したルーに具が入ってるようなタイプのカレーではその具もルーの質量として計算されてる可能性があります。

純粋な液体としてのルーの量は規定の量よりも少なくなっていると考えれば、一応今回の事例と辻褄が合います。

妻は具入りカレーの普通盛りも食べたことがあるのですが、そのときもルーの量は少なかったと主張しています。

こうしたことから、得た教訓は以下のとおり

・具入りカレーはルーが少なくなる傾向がある
・ライスを減らすとルーも減るので気をつけろ
・ライスを減らしてルーを追加するくらいなら、何もせず普通盛りを頼んだ方が安い

「ココイチ ルーの量」とかで検索すると、店舗で食べるときのルーのおかわりが可能だという情報はたくさん出てきますが、今回のような具入りカレーのトラップはぼくが知る限りないですね。

もしかしたら店舗によって変わるのかも。なんかモヤモヤが残ったココイチ問題でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする