2018年ブラックフライデーセール、Lenovo、DELL、HPの3メーカーを比較

Lenovoのブラックフライデーセール

11月25日(月)まで

期間中に11万以上のパソコンを買うと、
・1TBの外付けHDDが無料
・液晶モニターが最大46%オフ
のどちらかを選べる

Lenovo ブラックフライデーセール会場

パソコン価格は安くならないし、11万以上の買い物をした人のみの特典なので正直ちょっとセコいな~と思いました。

DELLのブラックフライデーセール

11月26日(月)までで他より1日長い

フラッグシップモデルのXPS 13などが20%オフ

DELL公式オンラインストア

・XPS 13
Core i5-8250U
メモリ8GB
SSD 256GB

が11.8万(税込、送料込)

・Inspiron 14 7000
Core i5-8250U
メモリ8GB
SSD 256GB

が8.2万(税込、送料込)

など、ブラックフライデー用の割引クーポンでパソコン本体の価格が安くなります。

ただし通常時でも15~18%オフで売ってるので、いきなり通常時から20%オフってわけではないです

HPのブラックフライデーセール

11月25日(日)まで

パソコン価格が通常よりも少し安くなる
こちらも40%オフとか言って煽ってるが、通常時でもそこそこ安いので、あまりX%オフの数字の大きさを信用しない方がいい

最上位モデルはセール対象外

HP公式 ブラックフライデーセール会場
icon

・HP 15-db0000
AMD Ryzen 5 2500U
メモリ8GB
SSD 256GB
15.6型 FHD(1920×1080)

という構成で7.3万(税込、送料込)

通常時でも7万円台で売られているのでそこまでお得感はありませんが、セール対象内では悪くないモデルだと思います。

◆まとめ

Lenovo: 11万以上買わないと特典が付かない
DELL: XPS 13など主力商品が割引になっていてGood!
HP: 通常時とそんなに変わらないのに、40%オフ!とか言って煽ってるので印象悪い

全体的に、ブラックフライデーと言ってもそこまで安くなるわけではないですが、一番マシなのはDELLでしょう ⇒ DELL公式オンラインストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする