東芝 dynabook AZ35/GはOfficeが実質+6,500円で付けられるので超お得!?

東芝 dynabook AZ35/Gは2018年夏モデルのノートパソコン。

その中でもSSD256GBのモデルだけなぜかOfficeの値段が安くなっている現象を見つけました。

上の表は東芝のオンラインストアに載ってるものです。

左半分がOfficeなし
右半分がOfficeあり

ストレージやメモリなどの構成内容によって価格が変わりますが、基本スペックが同じでさらにオプションでOfficeを付けるとdynabook AZ35では税込みで約1.8万円くらい加算されます。

大きい価格表示は税抜価格。税込価格はその後に小さく書かれてあるので注意してくださいね。会員価格は、東芝のオンラインストアで無料会員登録すれば値引きしてくれるのでそのときの価格です。

問題は上から2列目の価格差。

SSD256GBのモデルだけ、+6,500円でOfficeを付けられるようになっています。

これがなぜなのかわかりませんが、もしかしたら東芝がこれを売りたいということで安く提供しているのかもしれません。

・Core i5-8250U
・メモリ8GB
・SSD 256GB
・15.6インチ FHDディスプレイ

・MS Office Home and Business

という構成で10.5万(税込)ならコスパ的にも大満足でしょう。

Officeなしで9.8万も日本メーカーとしてはがんばってる方ですが、DELLやLenovoなどと比べるとまだちょっと高いなあという印象がします。

ということで、dynabook AZ35/GはSSD256GB+Officeありで購入するのがお得だと思います。

会員じゃないとめちゃ高いですw 必ず会員登録してから購入しましょう。

東芝オンラインストア dynabook AZ35/G

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする