15.6型ノート dyanbook AZ35/M (2019年春モデル)がOffice付きで10万を切る

dynabookのAZシリーズは15.6型の据え置き用ノートとして人気のモデルです

AZの後のAZ25、AZ35、AZ45・・・と数字が上がるにつれてハイスペック仕様になっていくのですが、最近のAZシリーズは数字が下の方も十分性能が良いです

ぼくが注目しているのはdyanbook AZ35/M のCore i3モデル

・CPU: Core i3-8130U
・メモリ: 8GB
・SSD: 256GB
・ディスプレイ: FHD(1920×1080)

というスペックで7.5万円(税込、送料込)

Microsoft Officeを付けても9.4万円と10万を切ります。

数年前のAZシリーズは、ストレージがSSDになるのはAZ65とか一部の高級モデルだけで、AZ35やAZ45クラスはHDDのみしか選択肢がありませんでした。

当ブログでは度々苦言を呈してきたのですが、そのラインナップがようやく改善されてきています

Core i3-8130Uは3年前のCore i7(Core i7-6500U)よりも性能は上。
古いノートPCを使ってる人に「今はCore i3でもすごいんだぞ!」と言いたいです。

これならネット、動画鑑賞など基本的な作業は快適にこなせるでしょう。

・15.6型の大画面
・オフィス付きのモデルもある
・日本のメーカー(旧東芝)

という点は、シニア層にも人気のポイントです。

例によってdynabookのオンラインストアは会員じゃないとめちゃ高いです

会員登録するだけで割引がすごいですw 必ず会員登録(無料)してから購入しましょう。

公式オンラインストア dynabook AZ35/M

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする