ThinkPad E570、ストレージのカスタマイズはどうするのがベストか?

ThinkPad E570はデュアルストレージになっています。

digi1611262

これはパソコンをHDDとSSDの2つのストレージで構成できる仕様で、OSやアプリはSSDで起動を速くして、データはHDDへ保存しておく・・という具合に使います。

ただし必ずしも両方使う必要はなくて、カスタマイズで片方を「なし」にすることも可能です。

ThinkPad E570のバリューパッケージは、【HDD 500GB】 + 【SSD なし】という組み合わせがデフォルトに設定されています。

一方で、ハイパフォーマンスパッケージは、【HDD なし】 + 【SSD 128GB】という組み合わせになっています。

ここで注目したいのがSSDの選択肢。128GBは通常のSATAのSSDですが、256GBはPCIe-NVMeの高速SSDとなっています。

digi1611261

SSDの選択肢の少なさは今後改善されるかもしれませんが、現状ではSATAの128GBか、PCIeの256GBの2つだけです。

容量的には256GBあった方が安心なので、256GBにしたいところですが、PCIe-NVMeなので値段がけっこうします。

もしハイパフォーマンスパッケージを【HDD なし】 + 【SSD 256GB】へアップグレードすると13万円台になります。

Core i7、メモリ8GB、GeForce 950M、FHD液晶という構成です。スペック的には文句ないレベルですが、伝統的にThinkPad Eシリーズは安さがウリだったので、そのイメージとはかけ離れたものになります。

個人的には上記の構成よりも1ランク、もしくは1.5ランク落としたぐらいのスペックがちょうどいいのですが、なかなかちょうど良い構成がないのが残念なところです。

(1)Core i3、メモリ8GB、FHD、SSD256GB (PCIe)

だと108,432円

(2)Core i5、メモリ8GB、FHD、SSD128GB

だと74,115円

(3)Core i5、メモリ8GB、FHD、SSD128GB + HDD500GB

だと80,595円

この中でぼくが選ぶとするなら、(2)か(3)という線でしょうか。
本当ならSATAのSSD 256GBがあればベストなのですが、11月26日現在では用意されていません。

そうなると型落ちのThinkPad E560を買うという手もあります。

(4)Core i3、メモリ8GB、FHD、SSD256GB (SATA) ただしE560

だと75,260円になります。

外部GPUを搭載しない限り、E570は基本的にE560のマイナーチェンジですから、SSD 256GBにこだわるなら(4)という手もあります。

あるいは

(5)Core i5、メモリ8GB、FHD、HDD500GBのE570を

71,685円で買って、後から自分でSSDへ換装するという手もあります。

ただしEシリーズの筐体の裏蓋はなかなか外れにくいことで有名ですので、あまり初心者にはおすすめしません。

やはり本命は(2)か(3)でしょう。

ちなみにE570の性能を全部活かすなら、最初に挙げた最強スペックがおすすめです。

⇒ ThinkPad E570のスペック詳細

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする