ThinkPad E580、スペックとおすすめのカスタマイズ例

15.6型のThinkPad E580が発売されたので、おすすめのカスタマイズを書いてみたいと思います。

ThinkPadのEシリーズはカスタマイズの自由度が非常に高いのでライトユーザー~ヘビーユーザーまで自分好みのスペックにカスタマイズできます。

まずは、スペック概要と選択可能な構成です。

・CPU: Core i3-7130U、Core i5-7200U、Core i5-8250U、Core i7-8550U
・ディスプレイ: 15.6インチ HD(1366×768)、FHD(1920×1080)
・メモリ: 4GB、8GB、12GB、16GB、32GB
・グラフィックス:Intel HD 620、UHD 620、AMD RadeonRX550
・ストレージ:HDD500GB、1TB SSD128GB、256GB、512GB
・サイズ、重さ:369 x 252 x 19.95mm、2.1kg
・USB:USB Type-C x 1、USB 3.0 x 2、USB 2.0 x 1
・ポート:LANポート、microSD、HDMI、ヘッドフォンジャック

前回の記事でも書きましたが、今回のE580は、フルサイズのSDカードスロットがなくなり代わりにmicroSDに。また光学ドライブが廃止となりました。注意しておきましょう。

そのかわり、先代のE570よりも少しコンパクトになり、軽量化しました。

1.ライトユーザー向け

CPU: Core i3-7130U
ディスプレイ: FHD(1920×1080)
メモリ:4GB
ストレージ:SSD 256GB

価格は7.9万円(税込、送料込)となります。

ライトユーザー向けと言っても一番安い6万円台から少しランクアップさせておきました。
これぐらいなら、ネット、動画鑑賞、文章作成まで非常に快適にこなせるでしょう。

2.ゲーム用

CPU: Core i7-8550U
ディスプレイ: FHD(1920×1080)
メモリ:16GB
ストレージ:SSD 256GB
グラフィックス: Radeon RX550

価格は14.4万円(税込、送料込)となります。

CPUは最上位のCore i7。第8世代Kaby Lake-Rを搭載できます。
グラフィックスのRadeon RX550が必須です。

3.中間層向け

CPU: Core i5-8250U
ディスプレイ: FHD(1920×1080)
メモリ:8GB
ストレージ:SSD 256GB

価格は10.3万円(税込、送料込)となります。
ライトユーザー向けよりもCPUとメモリをアップグレードしました。

ぼくが選ぶならこのスペックです。デジカメの画像編集など、ゲームほどじゃないけど、ちょっと高負荷をかける程度ならこれぐらいで十分じゃないかと思います。

と3通りのカスタマイズ例を挙げてみました。

これ以外にも多くの選択肢が用意されているので、ぜひ自分好みの構成にカスタマイズしてみてください。

公式オンラインストア ThinkPad E580

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする