HP 15-da0000と15-db0000の比較、おすすめはRyzenモデルのdb0000

HP 15はHPのノートPCの中で一番安いシリーズ

15.6インチ、2.0kgのどこにでもある据え置き用ノートです。

CPUがインテルか、AMDかの2タイプがあり、2018年の最新モデルでは、インテルがda0000シリーズ、AMDがdb0000シリーズという名前で販売されています

知名度的にインテルの方が人気になると思われますが、内容的には完全にAMDの方が良いです。

特にdb0000のスタンダードモデルはSSD 256GBを搭載できます

・モデル:15-db0161AU
・CPU: AMD Ryzen 5 2500U
・メモリ: 8GB
・ストレージ: SSD 256GB
・ディスプレイ:15.6型 FHD(1920×1080)

という構成で7.3万円(税込、送料込)

Ryzen 5 2500UはインテルのCore i5-8250Uと同等のパワーがあることがベンチマークテストからわかっています

なので、このスペックがあれば多くの人は満足できるはずです。

一方、da0000(インテルモデル)だと

・CPU: Core i5-8250U
・メモリ: 4GB
・ストレージ: 16GB Optaneメモリ+1TBハードドライブ
・ディスプレイ:15.6型 FHD(1920×1080)

という構成で8.9万円となります。

Optaneメモリで起動はある程度速くなりますが、SSDほどではありません。

価格も、最初に挙げたdb0000(AMDモデル)よりも高いです

ということで、ぼくが買うなら完全にdb0000(AMD)のSSDモデルです。

HP 15では、安いCeleron+HDDモデルを考えてる人がいるかもしれませんが、さすがにストレスたまるのでやめといた方がいいと思います。

スマホより遅くてやれることも限られてるパソコンを買っても、あまり良いことにはならないです

せめて7万出して、超快適なSSDモデルにしておきましょう

⇒ 公式オンラインストア HP 15-db0000 モデル一覧
icon

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする