【中身予想】HPの2018年福袋、「オフィスソフト」の罠に気を付けろ!

HPが2018年福袋を発売しました。

毎年かなり人気となる福袋ですが、今年はちょっとしたがあるので気を付けてください。

それはこれ。

普通にオフィスソフトって書いてあれば、マイクロソフトのオフィスだと思いますが、実はそうではありません。

「ご購入はこちら」ボタンをクリックするとわかりますが、これはKINGSOFTのオフィスです。本家のオフィスと互換性はありますが、価格は3千円相当のもの。

本家マイクロソフトのオフィスなら2万円します。これを間違えて、「福袋なら〇万円もお得です!」って買い煽ってるサイトも存在します。

もちろん自己責任なので、後から違うじゃないか!と文句言ってもダメなんですが、不正確な情報で買いを煽るのってちょっとどうかと思います。

皆さんも間違えないようにしてください。

オフィスの罠と、あともう1つ。
価格表示は税抜き価格で、後から消費税と配送料がプラスされます。配送料は3千円とちょっと高いので注意が必要です。

中身予想

・ノートPC 福袋AとB

予想: HP ENVY 15

2.08kg、15.6インチの据え置き用ノート
15.6型だけどDVDドライブはないので注意。
SSDで起動は速い。
メモリは16GBもいらない気がする。

福袋AはCore i7モデルで9.8万、福袋BはCore i5モデルで8.9万。
通常だとそれぞれ10.7万、9.7万。

つまり約1万円お得(※税抜きでの計算です)

・ノートPC 福袋C

予想:HP Spectre x360 (2017年2月発売モデル)

1.31kg、13.3型の変形2-in-1ノート
非常に速いSSDを搭載
文句のないスペック

福袋の価格は15.0万。通常価格は17.0万
つまり約2万円お得(※税抜きでの計算です)

・ノートPC 福袋D

予想:HP Spectre x2

キーボードが分離するSurfaceタイプの2-in-1
タブレット本体は775gという軽さ

福袋の価格は13.0万。通常価格は14.0万
つまり約1万円お得(※税抜きでの計算です)

とこんな感じで、ぼくの予想ではどれもせいぜい1万~2万くらいのお得度です。
ただマウスやタブレット用のペンなど、おまけが付いてくる可能性もあるので、お得度は参考程度に考えておいてください。

また時季的に通常価格自体が下がってきているので、あまりお得感はありませんが、買って損するということはないので大丈夫です。

ただ最初に書いたように、MS Officeではないのでそれだけは注意してください。

ぼくのおすすめは福袋CとDです。

HPのSpectreシリーズは出来がとても良いので、この機会にちょっと高級なパソコンを買ってみてもいいかもしれません。

⇒ HPノートPC 2018 福袋会場
icon

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする