HP x2 10-p000は値下がりを待った方が賢明か

HP(ヒューレットパッカード)の安い2in1PCで一番新しいのがx2 10-p000です。
前モデルはPavilion x2 10-n000という名前でしたね。

digi1612132

10.1型でA4用紙よりも一回り小さいコンパクトボディです。

加えて、重さは1.07kg、タブレットだけだと596gですから、持ち運ぶサブノートにはピッタリな一台と言えます。

主なスペックは以下のとおり。

CPU: Atom x5-Z8350
メモリ: 4GB
ストレージ: 64GB eMMC
ディスプレイ: 10.1型 IPS液晶 (1280×800)
サイズ、重さ: 265x183x16-19mm 1.07kg(タブレット本体は0.596kg)

だいたいこの手の廉価な2in1はメモリが2GBしかないことが多いのですが、このx2 10-p000は4GBですのでその点は安心できます。
ただしCPUはAtom x5-Z8350で低性能ですから、多くは期待できません。

ぼくが一番気になるのは価格です。

HPの直販だと税抜きで54,800円。
配送料や消費税で62,424円になるのです。

これはちょっと高すぎでしょう。

例えば2016年9月に発売されたLenovoのideapad MIIX 310は同じようなスペックで37,000~39,000円(税込、送料込)です。

digi1612131

上の表を見てもおわかりのように両者のスペックはほとんど同じです。

それでいて、x2 10-p000の方が25,000円も高くなっています。

ただしx2 10-p000はキーボードをしっかり作ってあるのでその差は一応考慮すべきでしょう。ideapad MIIX 310の方はキートラベル(キーの深さ)も浅く、打ち心地もあまり良くありません。
digi1612133

そうは言っても、キーボードの差では片づけられない価格差です。

Lenovo以外でもASUSのTransBook T101HAやdynabook N40が4万円台という価格ですから、今無理してx2 10-p000を買うことはないかなという感じがします。

ぼくの予想は、x2 10-p000は今後もっと値下がりするんじゃないかと思っています。

⇒ HPノートPC 最新モデル一覧へ

参考までにideapad MIIX 310は楽天でだいぶ安く買えます。
⇒ Lenovo ideapad MIIX 310 80SG00APJP (2016年9月モデル)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする