【不覚!】ideapad 710S Plus (第7世代モデル)の発売前に型落ちモデルが激安になってるのを見逃してた

Lenovo ideapad 710S Plusは2016年10月に第6世代のプロセッサーを搭載して発売されたモデル。

今回はその中身が刷新されて第7世代(Kabylake)になって発売となります。

前にも書きましたが、「ideapad = 安いけどもっさりしたパソコン」というイメージを一新するモバイルノートです。

重さは1.23kgでまずまずの軽さ。毎日の持ち歩きも苦にならないでしょう。

スペック概要

CPU: Core i3~i7(第7世代 Kabylake)
メモリ: 8GB
ストレージ: SSD 256GB PCIe
グラフィックス: Intel HD 620、NVIDIA GeForce 940MX
ディスプレイ: 13.3型 FHD(1920×1080)
インターフェイス: USB3.0 typeC x1、USB3.0 typeA x1、USB2.0 x1、SDカード、ヘッドフォンジャック
サイズ、重さ:283.5×203.8mm×25.3mm、1.23kg
オフィスアプリ:MS Office Home and Businessを選択可能

メモリ8GBにSSD 256GBとバランスの良い構成。グラフィックスはdGPUとしてNVIDIA GeForce 940MXにアップグレードも可能です。

Yoga 910との比較

LenovoのYoga 910も13.9型で1.38kgのモバイルノート。
こちらは変形タイプの2-in-1で、変形しないideapad 710S Plusとはタイプが違いますが、基本的なスペックは類似しています。

Yoga910が、

Core i5
メモリ8GB
SSD 256GB (PCIe)

で12万円台ですから、ideapad 710S Plusもそれに近い価格設定になるのではないでしょうか。(4月28日発売です)

⇒ ideapad 710S Plus スペックと価格一覧

不覚にも型落ちモデルの安売りの見逃した

今回の発売の陰で第6世代CPUを搭載した前モデルが、販売終了間近となっています。

在庫処分セールとあってか、その価格がすさまじいことに。

ほとんど売り切れで、残ってるのがCore i7-6500U搭載のオフィス付モデルのみですが、それが109.620円(税込、送料込)という安さです。

本来ならCore i3、SSD256GB、1.23kgの6万円台とかをおすすめしたかったのですが、不覚にも見逃してしまいました。

クーポン適用でほぼ半額になってるセールですね。
この分だと在庫が残ってるオフィス付きモデルも、すぐに売り切れてしまうでしょう。

⇒ ideapad 710S Plus 第6世代モデル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする