Lenovo ideapad 520、エントリーモデルにSSD256GBの安心感

Lenovoからideapad 520が発売されました。

15.6インチ2.2kgの据え置き用ノートPCです。

ideapad 500シリーズというと、エントリーモデル。スペックを抑えて5万円前後の価格で勝負するという印象がありますが、今回のideapad 520はワンランク上のミドルスペックです。

Core i5、SSD、フルHDで価格は7.3万(税込、送料込)に抑えました。
価格帯は少し上がってしまいましたが、このスペックでこの価格はかなりの安さだということを強調しておきます。

MS Office付きのモデルも用意されており、こちらは9.3万円になります。

◆スペック概要

OS: Windows 10 Home 64bit
CPU: Core i5-7200U
メモリ:8GB
ストレージ: SSD 256GB
ディスプレイ: 15.6型 FHD(1920×1080)
サイズ、重さ:378x260x22mm、2.2kg
光学ドライブ: DVD スーパーマルチ ドライブ
UBSポート: USB3.0 typeC x1、USB3.0 typeA x2
バッテリー駆動時間: 約5.5時間 (JEITA2.0)
MS Office: あり/なし

なぜidepad 520が今回少し価格帯を上げてきたのかわかりませんが、ぼくはとても良いことだと思います。

ぼくの基本的な考えとして

1.いまどきSSDじゃないパソコンはダメ
2.パソコン初心者、ライトユーザーにこそSSDの良さを知ってもらいたい
3.すぐに動作が重くなる低スペックPCを売るより、中スペックPCの販売に注力すべき

という信念があるからです。

今回のideapad 520の基本スペックはぼくが今使用しているメインPCとほぼ同じです。このスペックがあれば、ネットや動画鑑賞、文章作成などは非常に快適なレベルでこなせます。SSDなので、全てがサクサク動きます。

またデジカメのRAW現像も可能です。軽めのゲームもできるでしょう。

初心者から中級者まで幅広く使えるパソコンだと言えます。

Lenovoの良い点は、こういったミドルスペックの品揃えが良いところです。

ThinkPad Eシリーズや2016年のヒット商品YOGA 710が良い例です。
他のメーカーは、ハイエンドかローエンドの二極化が激しく、ちょうど良い「そこそこのパソコン」が全くないんですよね。

ideapad 520は7.3万円

通常の販売ページでは7.5万になっていますが、以下のリンクに割引クーポンで7.3万まで安くなります。(価格は時期により変動あり)

⇒ ideapad 520の割引クーポン

予算5万円でなんとかしたいな~という人には同じ15.6型でideapad 320はどうでしょう。

こちらはCore i3、SSD128GBという構成。
Lenovoのオンラインストアではなく、楽天やアマゾンでの購入となります。

詳しくはこちらの記事を参照。
⇒ ideapad 320 80XH006DJPはCore i3、SSD128GBで5万円台

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする