Ideapad S145 (15,AMD) Ryzen 3モデルが3万円台、Ryzen 5モデルが4万円台という安さ

先日発売されたLenovoの15.6型ノート、Ideapad S145 (15)は予想を上回る安さです

CPUがIntelのCore iシリーズ、AMDのRyzenシリーズの2種類を選べるのですが、同じくらいの性能でもAMD Ryzenの方が安いです

おすすめのモデルは

Ryzen 3-3200U
メモリ4GB
SSD 128GB

3.8万円(税込、送料込)

Ryzen 5-3500U
メモリ8GB
SSD 256GB

4.7万円(税込、送料込)

の2つでしょうか。

コスパは非常に優れています

Ryzen 3でも通常の作業(ネット、動画鑑賞、文章作成)なら楽々です

Ryzen 5なら画像編集や軽めのゲームなど比較的負荷の高い作業もこなしてくれるでしょう

ただ先日も書いたように、マイナス面もあります

1つはUSB-Cのポートがなく、USB-Aのみという点

※USB-Aのみでも困ることはないですが転送速度は遅いです

もう1つは15.6型には付いていても良さそうなものがないという点です

有線LANポートなし、DVDドライブなし

Ideapadシリーズの100番台(S145)は安いIdeapadの中でも一番安いシリーズです

基本的な性能は良いですが、カタログスペック以外のいろいろ細かい点で妥協しないといけないところがあるはずです

あまり期待はせずに買うのが良いでしょう

このIdeapad S145で最上位のRyzen 7を選択するのはおすすめしません

それならIdeapadの300番台とか500番台、あるいはもっと別の機種を選ぶ方が間違いがないです

他のIdeapadシリーズとの比較は先日の記事を参考にしてください

15.6型ノート Lenovo Ideapad S145 (15)はどうか? Ideapad S540やL340との比較

Ideapad S145 (15,AMD)の割引クーポンは、通常よりも以下のLenovo特設ページに掲載されてるやつの方がお得です

Ideapad S145の割引クーポン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする