2万円台の激安ノートPC、iiyama Stl-14HP012-C-CDMMの悪いところは「あれ」。それ以外は結構良いかもよ。

iiyama Stl-14HP012-C-CDMMはなんと2万円台という安さがウリの14型のノートPCです。

2万円台のパソコンはいくつかありますが、14型の大画面というのがけっこうめずらしいですね。

スペック概要

モデル名:Stl-14HP012-C-CDMM
OS: Windows 10 Home 64ビット
CPU: Celeron N3450
メモリ: 4GB
ストレージ: eMMC 32GB
ディスプレイ: 14型 HD(1366×768)
インターフェイス: USB3.0 typeC x1、USB3.0 typeA x1、USB2.0 x1、SDカード、HDMI、miniD-sub、ヘッドフォンジャック
サイズ、重さ:340×243.5mm×22.2mm、1.8kg
光学ドライブ: 非搭載

CPUはセレロン、ストレージもeMMC 32GBと必要最小限に抑えております。といってもCPUは最新のCeleron N3450。数年前のセレロンよりはだいぶパワーアップしたプロセッサーです。

eMMCは容量の問題はありますが、処理速度で言えば、SSD > eMMC > HDDなので、ひと昔前のHDDのパソコンよりは全然速いはずです。

全体的な構成バランスも良く、ネット、動画鑑賞、文章作成などの基本的な作業であれば、スムースにこなしてくれるでしょう。

これでよくぞここまでの低価格を実現したと思います。

14型で2万円台というのが特徴

再度書きますが、このパソコンは14型でそこそこ大きいディスプレイです。

2万円台の激安ノートと言えば、ASUS VivoBookやLenovo ideapad 300Sのように11.6型のモバイルノートというイメージがあります。

そんな中、あえての14型1.8kg、据え置きタイプを2万円台で出してきたところが「なるほど」と思いました。

小さい画面が見づらいお年寄りや、パソコンの軽さをそこまで求めていないユーザーの人には、良い選択肢になるはずです。

特に高性能なパソコンは必要ないライトユーザーにとって、Stl-14HP012-C-CDMMの2万円台という価格はうれしいポイントでしょう。

唯一、苦言を呈したいのはその名前。「Stl-14HP012-C-CDMM」なんて無機質な名前はちょっとどうでしょう?パソコン初心者に向けて売る商品としては不適切だとぼくは思います。

iiyamaはもっと覚えやすい名前を付けるべきですね。

あとパソコン初心者にとってiiyamaは馴染みがないブランドですが、マウスコンピューターなどを傘下に収めるMCJグループで、歴史の古い国産ブランドです。

パソコンは注文すればすぐに届けてくれます。

⇒ 公式オンラインストア Stl-14HP012-C-CDMM
icon

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする