【販売再開】Lenovo Yoga Bookに別売りのトラックポイントキーボードをペアリングという手は悪ノリか?

注文殺到により販売を一時停止していたYoga Bookの販売が再開されました。

digi1612021

⇒ Yoga Book with Windows10はこちら
⇒ Yoga Book Android版の詳細はこちら

Yoga Bookはペンによる入力に特化したタブレットPCで、690gの軽さ、そしてLTE対応モデルも用意されています。

一番のネックはキーボードです。

digi1609033
物理キーボードを廃止したことは確かに新しいのですが、長文入力に関してはやはり伝統的なキーボードの方が絶対に良いでしょう。

先日、このキーボードを別売りのBluetoothトラックポイントキーボードに変えて使ってみてはどうかという記事を読みました。

http://ascii.jp/elem/000/001/275/1275621/index-4.html

記事中に

悪ノリでYOGA BOOKのHaloキーボードの上に外付けのBluetooth ThinkPadキーボードを置いて入力をやってみた

とありますが、ぼくは決して悪ノリって感じでもないと思います。

むしろ、これは普通にアリでしょう。

Yoga Bookが690gで、トラックポイントキーボードが460g、合わせて1.12kgの重量になります。

実際ぼくもLenovoのideapad MIIX 700の付属キーボードが嫌で、キーボードを外してトラックポイントキーボードをペアリングさせて使ったことがあります。

こんなふうに。
digi1607110-3
digi1607110

ワイヤレスなので、ディスプレイ部分と離れていてもキーボードを操作できます。

digi1607302

キートラベルは(深さ)は2.1mm。
赤ポチ付きなので、カーソル操作も楽々です。

上記参照記事の筆者もThinkPad使い。ぼくもそうですがやはりThinkPad使いは、赤ポチのあるこのキーボードをつなげたがるんですよね。

みんな考えることは一緒です(笑)

ちなみにアマゾンだとこの価格です。
⇒ ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード – 日本語 0B47181

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする