NECが変わりつつある。LAVIE PM、LAVIE PM(X)シリーズは海外メーカー推しのぼくにも魅力的に見える

NECのパソコンはほんの数年前まで、コスパが悪くてダメでした

LAVIE NSシリーズはほぼ惰性で出してるようなラインナップ
LAVIE NMシリーズも質が悪くておすすめできませんでした。

それが2019年に1.0kg未満のLAVIE PMを発売し、すぐ後に少し安価なPM(X)を発売。

実機をチェックしてみましたが、どちらもなかなか良く出来ていました

PMシリーズの方は700~900g台と超軽量、価格も最小構成で12万~と高くなっていますが、PM(X)の方は1.29kgとそこそこの軽さで、そこそこの安さを実現しています

PM(X)のような製品の発想が今までのNECにはなかったんですよね

NECもそうですが、富士通もそうです

(1)高級志向
・1.0kg未満
・ハイスペック
・価格は15万

(2)安さのみ
・2.0kgオーバー
・性能低い
・オフィス付き
・価格は5万

という2パターンしかもってなくて、この中間のラインナップが全くなかったんです

LAVIE PM(X)は

・1.29kg
・性能良し
・価格は10万前後

と、けっこういい線をついています

まだまだ海外メーカーに比べると、価格面で少し見劣りしますが、NECブランドを好むユーザーからすると、「このくらいの価格差なら国産PCを選ぶよ」と思うくらいになってると思います

ぼくは基本的に海外メーカー推しです
そんなぼくからしてもLAVIE PM、PM(X)は好印象です

ご存知のようにNECはLenovoの傘下になっています

LAVIE PM(X)のデザインも実はLenovoのThinkPadを元にしているという話を聞きました。

そうした背景が、PM(X)の価格を下げることに寄与しているのかもしれません

この調子で次は

・14型1.5kg前後
・性能良し
・価格は7~8万

くらいのノートを出してほしいところです

今のNECにはちょっと期待しています

ちなみにLAVIE PM(X)はアウトレットとして安く出てるのでそれをねらいましょう

NEC 公式オンラインストア アウトレットPC一覧へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする