Lenovo Legion Y920はVR対応のゲーミングノートで24万円

Legion Y920はLenovoのゲーミングノートで最上位のモデルです。

グラフィックスはNVIDIA GeForce GTX 1070(8GB GDDR5)を搭載。

VRにも対応しているのでヘッドセットをつけてゲームをプレイすることが可能です。

◆スペック概要

OS: Windows 10 Home 64bit (英語版)
CPU: Core i7-7820HK
メモリ:168GB
ストレージ: SSD 512GB PCIe(256GBx2 RAID0)
GPU:NVIDIA GeForce GTX 1070 8GB GDDR5
ディスプレイ: 17.3型 FHD(1920×1080)G-Sync対応
サイズ、重さ:425.4×315.2×36.2mm、4.7kg
バッテリー駆動時間: 約4.6時間 (JEITA2.0)
※英語配列キーボード

NVIDIAのG-SYNCはスムーズなゲーム体験を実現する最新のディスプレイテクノロジーです。通常ディスプレイのリフレッシュレートは60Hzの固定レートですが、G-SYNCは負荷によって変わるゲームのリフレッシュレートにディスプレイのリフレッシュレートを合わせることが可能です。これにより、負荷が高くなってもスムーズに動いているような感覚でゲームをプレイできるのです。

基本的なスペックはDELLのゲーミングノートALIENWARE 17に似ており、価格もあまり差はありません。ALIENWAREもG-SYNC対応です。

ALIENWARE 17の方はGPUとしてGTX 1060、1070、1080と3つの選択肢が用意されています。

Lenovoの場合はLegion Y920がGTX 1070、下位モデルのLegion Y720(15.6型)がGTX 1060と分かれていますが、GTX 1080のモデルは用意されていません。

Legion Y920の価格は24万円(税込、送料込)です。
ハイスペックなゲーミングノートとしては平均的な価格でしょう。

SSDは256GBx2のRAID0で、さらにスピードアップしています。

OSはWindows 10 Home 64bit (英語版)、英語配列キーボードなのでセットアップに少し時間がかかりますが、Lenovoの販売ページにやり方が載っているので安心です。

キーボードはバックライト付き。1ミリ秒のキー応答時間で操作できるため、正確なゲームプレイを可能です。

通常の販売ページよりも以下のリンクの方が少し安くなってるはずです。
⇒ Lenovoオンラインストア Legion Y920

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする