LG Gram 13Z970、13.3型で939gなら日本でも売れそう

LGのGramシリーズの中で13.3型のやつが最も日本で売れそうな気がします。

モデル名はGram 13Z970

2016年に発売されたのは15.6型のモデルでした。こちらも980gと軽いノートPCだったのですが、15.6型というサイズが正直どうなんだろう?と疑問を呈したことがあります。

⇒ LG gram 15、15.6型で980gのノートパソコンに潜む落とし穴とは?

15.6型だと新幹線や飛行機の座席では狭すぎて広げられませんからね。。。

今回のGram 13Z970は13.3型なのでその心配はありません。軽さだけじゃなく、サイズもコンパクトになっており、モバイルノートとして欠点のないモデルと言えるでしょう。

スペック概要

CPU:Core i5-7200U
メモリ:8GB
ストレージ:SSD 256GB
ディスプレイ: 13.3型 FHD(1920×1080)
サイズ、重さ:307.3×210.8×15.2mm、939g
インターフェイス:USBタイプC、USB3.0×2、HDMI、Micro-SD、ヘッドフォンジャック
付属:USB TypeC-RJ45変換コネクタ

CPUは最新の第7世代(kabylake)
Core i5 + SSDという組み合わせは当ブログでも度々推奨しているバランスの良い構成です。動画編集や3Dゲームなど以外なら、ほとんど全部こなせる性能を有しています。当然、ネット、文章作成、動画鑑賞などの普段使いならもたつくこともなく、快適そのものでしょう。

キーボードは英語配列のみ。

キートラベル(キーの深さ)は浅めです。

SSDの容量は256GBです。
Gram 15に内蔵されてたSSDはSK HynixのHFS256G39MND-3510Aでした。

最近このSK Hynixというメーカーをチラホラ目にします。韓国のメーカーですね。たぶんGram 13Z970にも同じ型番のSSDが内蔵されているはずです。

ベンチマークの一例ですが、シーケンシャルリード、ライトはそれぞれ460MB/s、390MB/s。4Kランダムリード、ライトはそれぞれ26MB/s、71MB/sとなっていました。

SATAの最速クラスには少し劣りますが、平均レベルの転送速度なので、おそらく大丈夫でしょう。

インターフェイスで気になるのはmicro-SDカードだけでフルサイズのSDカードスロットは付いていないという点です。やはりスマホを意識しているのでしょうか。デジカメのRAWデータを頻繁にパソコンへ取り込む人は注意が必要です。

あと有線LANポートはありませんが、USB TypeC-RJ45変換コネクタが付属されているので、wifi環境がなくてもLANケーブルを挿すことが可能です。

価格予想

2016年、Gram 15が日本で発売されたときはCore i5 + SSD256GBのモデルが12万円台でした。

Gram 13Z970も基本構成は全く同じですから、販売価格もGram 15と同じぐらいになると予想します。13.3型でさらにモバイル性が良くなっているので13~4万円台くらいいってもおかしくありません。

といってもまだ日本発売が決まったわけではありませんので、まずは動向を見守りたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする