840g、Core i3、SSDで8万円台のノートPC

LGのGram 13Z970(13.3型、840g)が値下げされて8万円台になっています。

発売当初は10万オーバーでしたが、いまアマゾンで見ると89,766円

だいぶ安くなっています。

口コミの評判もまずまずです。しかもこれ2017年3月発売なので全然古くないです。CPUは第7世代のCore i3-7100Uを搭載しています。

◆スペック概要

・CPU:Core i3-7100U
・メモリ:4GB
・ストレージ: SSD 180GB
・ディスプレイ:13.3型 FHD(1920×1080)
・サイズ、重さ:305.9×211.8×15.5mm、0.84kg
・インターフェイス:USBタイプCx1、USB3.0x2、HDMI、micro SD、ヘッドフォンジャック
・バッテリー駆動時間:約10時間(MobileMark2014)
・付属:USB TypeC-RJ45変換コネクタ

以前紹介したときも書いたのですが、1つ注意点としてキーボードが英語キーボードだという点。

もちろん日本語は打てます。

英語キーボードはスペースキーやエンターキーの形状がちょっと独特で、たとえばスペースキーがかなり横長になっています。

英語圏ではスペースキーを多用するので広くなっているわけですね。一方、日本語は漢字変換などエンターキーを多用するので、日本語キーボードの場合はエンターキーが広くなってるのが普通です。

そういった違いに慣れるまで少し時間がかかるかもしれません。

後は 「 」や @ などのキーの位置が違うなどの問題もあります。

このキーボードの問題さえクリアできれば、後はこの圧倒的な軽さのメリットしか見えなくなるでしょう。

2017年現在ノートPCは、1.0~1.1kgで「軽い!」と言われるのが普通。それが840gとなるとまた世界が変わります。

「うゎ!」

初めて持った人はそう言って驚く人も多いのではないかと思います。実際ぼくもそうでした。

第7世代Core i3は3年前のCore i7レベルの性能があり、普段使いには文句なし。SSDなので起動も速く、とても快適なパソコンライフを送れそうです。

しかしLGはこのパソコンをよくCore i3で出そうと思ったなと。

日本のメーカーなら絶対Core i7です。

Core i7搭載モデルを15万で売ってますよ。

840gという軽さ・・ならばスペックも最高のものを。そういう考え方です。

結果、ほとんどの人にはオーバースペックで価格的にも買える人は限られていたでしょう。

LGは840gの軽さにスペックはそこそこのやつを持ってきて安く売りました。これが全て正解とは言いませんが、日本のメーカーにもこういう柔軟さがあればなあと思います。

LGのGram 13Z970はアマゾンの販売ページで13.3インチを選択してください。

⇒ LG ノートパソコン Gram シリーズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする