mouse LuvBookのCシリーズが1.2kg、さらに軽くなって登場

マウスコンピューターのLuvBook Cシリーズは11.6型で1.2kgのモバイルノートです。

ストレージにSSDを採用したモデルが5.1万円(税込、送料込)で買えます。

モデル名はMB-C250B1-S1。これが一番おすすめです。

CPU: Celeron N3450
メモリ: 4GB
SSD: 120GB
ディスプレイ: 11.6型 HD(1366×768)
サイズ、重さ: 292.4×210.5×22.7mm 1.2kg
バッテリー駆動: 約7時間

CPUはセレロンですが、SSDを搭載しているモデルならモタつくことも少ないでしょう。
間違ってもHDDモデルを選ばないようにしてください。eMMCモデルもありますが、容量が32GBしかないのでやはり最低でもSSD120GBを選んでおいた方がいいです。

先代のモデルはCPUがCeleron N3160でした。今回のN3450はそれよりも少し性能アップしています。

そして重さも1.3kgから1.2kgとさらに軽くなりました。

11.6型でパソコン本体の底面積はちょうどA4用紙サイズです。
持ち運び用のサブPCに最適ですね。

コンパクトサイズなのは良い面と同時に悪い面も持ち合わせています。それはどうしてもキーボードが窮屈になってしまうという点です。
キーピッチ(キーの間隔)が17.5mmで、通常の19mmに比べちょっと狭いです。特に男性で手を大きい人は、ちょっと打ちづらいかもしれません。

一応キーストローク(キーの深さ)は1.4mmと平均レベルを確保しているので、キーボードがひどくて使い物にならんということにはならないでしょう。

そもそもこのLuvBook Cシリーズは、ライトユーザー用のPCですから、軽くて速くて安ければ、他はある程度目をつぶることにしましょう。

マウスコンピューターには、似たようなスペックでm-Book B502Eがありますが、こちらは15.6型で2kgオーバー。軽さを求めるならLuvBook Cシリーズで決まりです。

・1.2kgでA4用紙サイズのコンパクトなノートPC
・SSD120GB搭載
・5.1万円と安い

⇒ マウスコンピューター LuvBook Cシリーズのスペック詳細
icon

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする