mouseのm-Book N500、GeForce MX150搭載はライバル多し。コスパで勝負できるか?

mouseが15.6型のノートPC、m-Book N500を発売しました。

グラフィックスにNVIDIA GeForce MX150を搭載しているのが特徴です。

といっても最近こういう外部GPU搭載型が増えてきているので「あれ?また?」という印象を持つ人も多いかもしれません。2018年のトレンドですね。

スペック概要

・モデル名:m-Book N500SD-M2S5
・CPU:Core i7-8550U
・メモリ:8GB
・ストレージ:SSD512GB(SATA)
・ディスプレイ: 15.6インチ FHD(1920×1080)
・グラフィックス: NVIDIA GeForce MX150
・バッテリー駆動時間:約10.1時間
・USB: USB3.0 x2、USB2.0 x1
・ポート類: HDMI、有線LAN、SDカード、ヘッドフォンジャック
・光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
・サイズ、重さ:379.5×249.9×24.5mm、2.1kg

CPUは第8世代Core i7を搭載。見ての通り結構ハイスペックな構成です。

GeForce MX150はノート用のグラボとしては「中」レベル。最新の本格派3Dゲームは厳しいかもしれませんが、解像度を下げればプレイできるゲームは多いです。写真編集や動画編集でも大きな働きをしてくれるでしょう。


DVDドライブも付いています。

これで価格は13.3万(税込、送料込)です。

mouseはちょっと前にも15.6型の似たようなノートパソコンを発売してました。

それがm-Book B504Hです。

こっちは

・NVIDIA GeForce MX150なし
・DVDドライブなし

でもうちょっと安い11.8万

ゲームをしないんだったら、グラフィック性能は普通でOK。安いm-Book B504Hでもいいような気がします。

mouseの直販では売り切れなので在庫の残ってるアマゾンで買ってください。

⇒ mouse ノートパソコン MB-B504H

m-Book N500は、

1.第8世代のCore i7
2.大容量のSSD(512GB)
3.GeForce MX150

で13.3万円

一般的なレベルで言えば、そこそこお買い得だと思います。

でもちょうど先日紹介したASUSのZenBook 13

1.第8世代のCore i7
2.SSD 256GB
3.GeForce MX150
4.1.14kgの軽さ

で11.6万円ですからね~

もし15.6インチにこだわらないのであれば、13.3インチのASUSのZenBook 13も候補として考えてみてください。

⇒ ASUS ZenBook 13 UX331UN、1.14kg+GeForce MX150でこの価格はヤバい

ただZenBook 13はLANポートやフルサイズのSDカードスロットが付いていません。

15.6インチの大画面と使い勝手を重視するなら、m-Book N500が良いでしょう。

⇒ mouse公式オンラインストア m-Book N500
icon

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする