マジか! MSI Prestige-14-A10SC-165JP 1.29kgでGeForce GTX 1650を搭載

MSIが発売したPrestige-14は他に類を見ない非常に特徴のある一台です

それは

1.29kgの軽さ
グラフィクスにGeForce GTX 1650搭載

という点です

GeForce GTX 1650はノートPCとしてはまずまず中間の性能

GTX 1060よりは下
GTX 1050 Tiよりは上

2020年時点だとかなりのゲームを快適にプレイ可能です

重めのゲームとして知られるファイナルファンタジー 15も標準品質で50fpsは出ます。モンスターハンターワールドも同程度です

PUBGだとウルトラ設定で平均60fps出ます

要するにゲーム用ノートとして結構いけるってことです

それで重さが1.29kg

普通このグラフィックスを積んだら、どんなに軽くても1.6~1.7kgくらい
2.0kgオーバーでも全然普通というのがぼくの中の常識でした。

なのでこのPrestige-14はすごいと思います

CPU: Core i7-10710U
メモリ: 16GB
SSD: 512GB
グラフィックス: GeForce GTX 1650
ディスプレイ: 14インチ FHD
USBポート: USB-C (Thunderbolt 3)x2、USB2.0 x2
インターフェイス: microSD、ヘッドフォン
バッテリーライフ: 10時間
重さ: 1.29kg

他にもCPUは6コアのCore i7-10710Uでモバイル用のCPUとしては現状最高のものを搭載しています

SSDも512GBと大容量

これで価格は18.7万円(税込)です

超ハイスペック仕様になっているので、これでも安いと思います

ただ1つ惜しいのが、microSDだという点。

できるならここはフルサイズのSDカードスロットにしてほしかったです
それならデジカメのデータを直接PC本体に挿すことができてスムースにデータ移送できました。

このPrestige-14はクリエイター向けをうたっている商品だけに、microSDスロットという文字はあまり見たくなかったです

SDカードはあまり関係ない、という人にはおすすめですが、そうではない人はアダプターが必要になるので注意しましょう

熱を出すGTX 1650、
この軽さでどのくらいちゃんと性能を発揮できるのか?

というのも1つ心配ではありますが、レビュー記事が出てきて
評価が良いなら買ってもいいんじゃないかと思います

・MSI Prestige-14は1.29kg
・GeForce GTX 1650を搭載
・CPUは6コアのCore i7-10710U
・フルサイズSDカードスロットがないのが惜しい

MSIが運営している総合通販サイトのアークならちょっと安く16.8万になります

MSI Prestige-14-A10SC-165JP

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする