革張りの高級ノート、HP Spectre Folio 13は価格と重さがネック

HP Spectre Folio 13は13.3型の2-in-1

HPの最高クラスに冠される「Spectre」の名

そのSpectreシリーズに新たにSpectre Folio 13が仲間入りしました。

Spectre Folio 13の特徴はなんといっても外装が革張りになっている点でしょう。

写真で見ても高級感がすごいです

ヒンジ(開閉部)のところの丸みのある曲線が非常にエレガントで、デザイン面での魅力をとても感じます。

◆スペック概要
・CPU: Core i5-8200Y、Core i7-8500Y
・メモリ: 8GB
・ストレージ: SSD 256GB、512GB
・ディスプレイ: 13.3インチ FHD(1920×1080)
・重さ:1.48kg
・バッテリー駆動時間:約19時間
・ペン付属

ただしスペックの方は少し抑えめです

CPUはAmber Lake、末尾「Y」の超低電圧版ですから末尾「U」のものよりはパフォーマンスは低くなるはずです。

その代わり、バッテリー時間が延びて約19時間となっています。

価格はCore i5モデルが18.7万(税込、送料込)という予定

さすがにちょっと高いかな~という印象がありますが、革張りのブランド品を持つような感覚で買う人もいるでしょう。HPのSpectreシリーズはそういう所有欲を刺激するパソコンであることは間違いありません。

ただ1.48kgと重さもあります。

Spectre X360 13が1.32kg
Spectre 13が1.11kg

と13.3インチのSpectreシリーズの中では最も重いです。

1.48kgという重さは500mlのペットボトル3本分くらいですから、これを毎日持ち歩くのはけっこうキツいと思います。

マイナスは重さと価格

プラスは革張りの高級感

そのどちらをとるかはその人の価値観しだいといったところでしょう

発売は12月です
⇒ HP公式オンラインストア Spectre Folio 13
icon

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする