なかなか値下がりしないHP Spectre x360 13 それだけ自信がある証拠

HPのフラッグシップSpectre x360 13は2019年12月発売のモデルです

発売から半年が経過しましたが、なかなか値下がりしてくれません

それだけ「この値段でも買ってくれる」という自信があるんでしょう

実際、このSpectre x360 13は素晴らしい出来だと思います

HPのENVYとかPavilionはけっこう値下がりしてくれるんですが、最上位のSpectreだけは格が違います

CPU: Core i5-1035G4
メモリ: 8GB
SSD: 256GB
ディスプレイ: 13.3インチ フルHD(1920×1080) タッチ対応
無線LAN: Wi-Fi6対応
重さ: 1.24kg
ペン付属

というスペックで14.2万円(税込、送料込)

これが一番安いモデルです

CPUやメモリ、SSD、ディスプレイをアップグレードでき、最強スペックにすると19.8万という価格になります

またLTE対応モデルも用意されています

Spectreが最上位モデルである理由の1つが、そうしたハイスペック仕様に対応しているという点です

例えば1ランク下のENVY x360 13だと

Ryzen 5
メモリ8GB
SSD 256GB
1.28kg

で価格は8.4万

似たスペックでSpectreよりも6万も安いです

しかしぼくの個人的な意見としては細部の作りの差はその価格分あると思います

ENVYを実際に使ってみると、

・ディスプレイの映り込み
・CPU性能をMAXまで引き出せてない
・タッチパッドの操作性がイマイチ
・天板に指紋がつく

など、ちょっとした所が気になりました。

Spectreはそういう細かいところも手を抜かず作ってあります

さらにSpectreは

・ペンが付いてくる
・バッテリーライフが長い(かなり優秀)
・Anti Reflectionコーティングで反射しにくいディスプレイ

という点も魅力です

もし予算に余裕があるなら、お金をケチらずSpectreにすることをおすすめします

HP公式オンラインストア HP Spectre x360 13


忘れるところでしたが、HPにはそんなSpectreに匹敵する機種がもう1つ存在します

それがHP Elite Dragonfly

こちらもなかなか値下がりしません

HPのノートPCは、

・Spectre x360 13
・Elite Dragonfly

のエース、二枚看板です

Elite Dragonflyの方は詳細なレビューを書いたので、ぜひ参考にしてみてください

【レビュー】HP Elite Dragonflyを使ってみた!辛口のぼくも唸る素晴らしさ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする