Surface Laptop、これはうれしい。Windows 10 Proに無料でアップグレード可能になってた。

先日発売されたSurface Laptopは13.5インチ、1.25kgのノートPC

Surfaceと言うと、すぐにあのキーボード分離型の2-in-1を思い浮かべますが、あちらはSurface Proという名前。Surface Laptopは普通のクラムシェル型になります。

あとSurfaceは高いというイメージがありますが、そこまで高くありません。

Core i5-7200U、メモリ8GB、SSD256GBで15.8万円(税込)

もちろんMS Officeも付いてきます。

Surface ProのCore i5モデル(キーボード付き)よりも格段に安く買えます。

2017年現在の相場として1.3kg以下のモバイルノートに、Core i5のミドルスペックとなれば、だいたい13~14万くらいです。それにオフィスを付けたら15.5~16.5万くらいしますよ。そう考えるとSurface Laptopも悪くないなという感じです。

当初はOSがWindows 10 Sという見慣れないOSで、大丈夫かいな?と心配してましたが、2017年12月31日までなら無料でWindows 10 Proへアップグレード可能とのこと。

つまり、「早く買ってくれるならタダでWindows 10 Proにできるよ~」ってことです。

これで残った問題はUSBポートがUSB3.0が1つだけという点ぐらいでしょう。まあこれもSurface Connectという変換アダプター用のインターフェイスが用意されているので、それでなんとか解決できるでしょう。

Microsoftだってその辺の使い勝手はちゃんと考えてくれてます。

先週、ビックカメラに置いてあったSurface Laptopです。

まず目を引くのが、キーボード部分の新しいスエードっぽい素材です。

高級感がありますし、こう見えて水をはじく素材なので安心です。
手触りもとても良かったです。

ただこの見た目が嫌という人もいるかもしれません。ちょっと冒険したなというデザインです。

ちなみに写真は今発売中のカラー、プラチナです。

SSDは東芝のTHNSN0256GTYAでした。

PCIe接続の高速SSDですが、PCIe 3.0 x2(よく出回っているのはPCIe 3.0 x4)でレーン数が2のタイプですので、速さに関してあまり期待はできません。

SSDやCPUだけを比較するとSurface Pro (2017)よりもスペックは確実に1ランク下がると言わざるを得ませんね。

MS Officeが付いていなくていいという人であれば、もっと別の選択肢も考えてみてもいいでしょう。

Surface Proと似たようなスペックのノートPCを比較しているので以下の記事を参考に。

⇒ 【2017年夏更新】ノートパソコン選び。各メーカーのエースを比較してみた。

もう心は決まってる人はこちら
⇒ Microsoft Surface Laptop 公式オンラインストアicon

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする