【レビュー】ThinkPad 13の実機をさわってわかった意外な性能

2016年の5月に発売された13.3型のThinkPad。それがThinkPad 13です。

これまでThinkPadはX250やX260など12.5型のXシリーズか14型のEシリーズ、Tシリーズ、X1 Carbonなど選択肢としてありましたが、13.3型はありませんでした。

digi1606132-4

ThinkPad 13はちょうどその間を埋めるような存在で、価格面でもX260とE460の中間に位置しています。

先日家電量販店でThinkPad 13の実機を見てきました。
digi1606132

店員さんが寄ってきて、「いろいろアップグレードするとX260とそんなに値段変わらないんで、皆さん結局こっち(=X260)を選んでいかれますよ」とX260の方をおすすめされました。

それは本当、その通りでThinkPad 13はさっきも言ったようにE460よりは上、X260よりは下という中間の立ち位置です。

なのでそのスペックを上げて、Core i7とかにすると、その特徴が目立たなくなるんです。実際価格面でもX260の同条件と比べてそんなに割安感が出ません。

digi1606132-3

もしThinkPad 13のハイスペックモデルが欲しいと思ってる人は、同じThinkPadのX260をおすすめします。X260はThinkPad 13よりも一回り小さいですし、筐体の作りも頑丈です。

⇒ ThinkPad X260のスペック詳細

おすすめの構成は?

ThinkPad 13はほどほどの性能で、持ち運ぶのが苦にならない軽さを求めている人に最適です。CPUはCore i7まで選択できますが、そこまでする必要はなくCore i3にしてみましょう。Core i3あれば、ネットや動画、ワードエクセル、基本的なことはまず問題なくできます。

-構成例-

CPU: Core i3
メモリ: 4GB
ストレージ: SSD 256GB

くらいの構成を選ぶのが一番いい線かなと思います。

これで87.966円(税込、送料込み)です。

ちょうどE460とX260の中間をとった構成になっています。構成によって重さが変わるということはなく、これで1.44kgです。これよりハイスペックにするならX260との価格差がなくなるし、これより性能を落とすとそれならE460でもいいじゃんとなります。

キーストロークは1.9~2.0mm

digi1606132-1
ThinkPad 13のキーストロークを実測したところ1.9~2.0mmありました。意外にも優秀な数値です。

例えばX260は1.7~1.8mmくらい。もっと高級なX1 Carbonも1.8mmくらいです。わずか0.1~0.2mmの差ですが、打鍵感もThinkPad 13の方が充実していると感じました。

ThinkPad 13の厚みは19.8mmとけっこうありますが、これはキーストロークと打鍵感に良い影響を与えていると考えられます。X1 Carbonは16.45mm、X1 Yogaも16.8mmと薄いですがその分キーストロークが犠牲になっています。

ThinkPad 13のキーの深さについてのマニアックすぎるレビューは、完全にぼくの個人的な趣味ですが、購入を考えている人の参考になれば幸いです。

LANポートとSDカード(メモリカード)スロット

ThinkPad 13は19.8mmの厚さでありながら、LANポートとフルサイズのSDカードスロットがありません。これが1つ大きな欠点だと言えます(microSDカードは付いています)。ThinkPad X260は20.3mmでその両方を装備しているのですから、ThinkPad 13もぜひ頑張ってほしかったところです。

もちろんこの2つは、専用のアダプタをUSBポートに取り付けることで代用できます。しかしアダプタを付ける手間は結構面倒です。特にデジカメの画像を頻繁にパソコンに取り込む人、自宅では有線LANしかない人などは注意したい点です。

SSDの容量をどうするか?

SSDは128GB~512GBまで選べます。単に容量だけの問題ではなく、データ転送速度の問題でもあります。それはSSDは容量が大きいほど速度も速くなるのが一般的だからです。

事実、ThinkPad 13に搭載されているSSDで128GBと192GBのタイプはSamsungのCM871シリーズでこれはSATA接続のSSDとしては平均以下のスピードしか出ません。一方で256GBと512GBのSSDはSamsungのPM871シリーズで、これはCM871よりも全然速いです。

余裕がある人はぜひ256GB以上の容量にしてください。CPUにお金をかけるよりも、SSDにお金をかけた方が幸せになれる確率は高いです。

上のおすすめの構成で書いたように「Core i3 + SSD256GB」で8万円台はかなりのコストパフォーマンスでしょう。もしX260でCore i3 + SSD 256GBにすると10万円オーバー。

そこまでは出せないという人にThinkPad 13という手があります。

買うときは割引クーポンも忘れずに。

⇒ ThinkPad 13の割引クーポン

リンク先の「ADONLINE…」で始まる限定クーポンを使用してください。
現在(8月1日)、割引率アップしてます。20%オフになります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする