RyzenモデルのThikPad E595はE590よりもコスパがいい

先週発売されたばかりのThinkPad E595は15.6型(2.1kg)のスタンダードノート

CPUはIntelではなくAMDのRyzenシリーズを搭載しています。

Ryzen 5 3500U、Ryzen 7 3700Uの2種類で、それぞれIntelのCore i5-8265U、Core i7-8565Uに匹敵するぐらいのパワーと考えておけばOKでしょう

人気があるのはIntelモデルの方ですが、安いのはAMD(Ryzen)モデルの方です。

ThinkPad E590とThinkPad E595を比較してみました

Core i5-8265UとRyzen 5 3500Uで比較しています。

バッテリー性能は少しE590の方が上ですが、2.1kgの据え置き用ノートですからあってないようなものです。

E590とE595、コスパ的には断然E595の方が上だと言えます。

ただE590には

・Core i3モデルがある(2019年5月時点の差)
・1TBのSSDを搭載可能
・外部GPUとしてRadeon RX 550Xを搭載可能
・指紋センサーを搭載可能

などいろいろ選択肢が用意されています。

両者の共通する注意点としては

・microSDカードスロット(フルサイズじゃない)
・光学ドライブなし

の2つです

注文の際は、割引クーポンを忘れずに

ThinkPad E595の割引クーポン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする