ThinkPad X270やYoga 370などニューモデルが2017年に来るぞ

Lenovoが先日2017年ThinkPadのニューモデルを発表しました。

ThinkPad X270(12.5型 クラムシェル)

=スペック概要=
CPU:Intel Core i(Kabylake)
メモリ:最大16GB
ストレージ:HDDかSSD、SSDはPCIeへ対応
サイズ、重さ:305.5×208.5×20.3mm、1.32kg
ポート:LANポート、SDカードスロットなど

X270からSSDがPCIeタイプへ対応するみたいです。X260はSATA接続のSSDのみだったのでこれは良いニュースです。
そして重量1.43kgだったX260に比べが1.32kgと軽くなる予定です(ぼく的にはまだ半信半疑ですが)。

LANポートとSDカードスロットはちゃんと残してくれるみたいで安心しました。

王道のXシリーズ。前評判は高くなかったX260も今では売れ筋ナンバーワン。X270も王座を守れるか?

ThinkPad Yoga 370(13.3型 コンバーチブル)

digi1612291

=スペック概要=
CPU:Intel Core i(Kabylake)
メモリ:最大16GB
ストレージ:SSD 最大1TB (PCIe)
サイズ、重さ:313.5x220x17.8mm、1.44kg
ポート:LANポートなし、micorSDカードスロット

microSDカードスロットだけなので、デジカメのデータ移行には少し手間を取られるでしょう。

こちらは現行のYoga 260(12.5型)を13.3型にしたようなモデルです。海外では13~14インチのモバイルノートが売れ筋でLenovoもそこに力を入れていますが、日本ではどうでしょう?やはり従来どおり12.5インチの人気が高いと思いますが。。。

ThinkPad 13 2nd Generation(13.3型 クラムシェル)

digi1612292

=スペック概要=
CPU:Intel Core i(Kabylake)
メモリ:最大32GB
ストレージ:SSD 最大512GB (PCIe)
サイズ、重さ:322x223x19.1mm、1.44kg
ポート:LANポートなし、SDカードスロット

ThinkPad 13の後継機です。

前モデルではSDカードスロットがなかったのですが、今回はあり。さらにSSDもPCIeへ対応しています。ただし、100%これで決まりというものではないので、変更があるかもしれません。

同じ13.3インチでもYoga 370よりはひと回り大きいサイズです。
その代わり値段も安くなるはずなので、期待しておきましょう。

=感想=

ぼくの第一印象はThinkPad 13がけっこう良さげ。前モデルでも廉価版という印象を覆す出来で、特にキーボードの打鍵感は素晴らしかったです。それに加えてニューモデルでは、SSDが強化され、フルサイズのSDカードが挿せるとなれば、メインPCの候補に挙げてもいいと思います。

【レビュー】ThinkPad 13の実機をさわってわかった意外な性能

ThinkPad X270も安心感ありますね。
重さ1.3kg台というのが本当なら、さらに魅力度アップです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする