ThinkPad X390の次はThinkPad X13

先日Lenovoから発表があり、ThinkPadの後継機の概要がわかりました

その中でも注目されたのが13.3インチのThinkPad X390、X395の後継機でしょう

名前はThinkPad X13となります

これまでThinkPadはIntelモデルはX390、AMDモデルがX395といったように、末尾が「0」か「5」かで分かれてましたが、次モデルからは統一されます

つまりThinkPad X13のIntelモデル、ThinkPad X13のAMDモデルという呼び方になります

ThinkPad X13のスペック概要

◆CPU

Intelモデルなら第10世代CometLake
AMDモデルならRyzen 4000シリーズ

◆メモリ

最大32GB

◆SSD

Intelモデルなら最大2TB
AMDモデルな最大1TB

◆ディスプレイ

HD TN
FHD IPS
FHD IPS タッチ
FHD IPS PrivacyGuard

◆バッテリー: 48Whr

Intelモデルなら17時間
AMDモデルなら17.5時間

◆重さ

Intelモデルなら1.22kg
AMDモデルなら1.28kg

ThinkPadは事前情報と実際で、微妙な差が出ることが多いので、100%合ってるとは思いませんが、まあ概要をつかむには上記の情報で十分でしょう

Intelモデルは現行のX390と大きな変更はありません。

CPUはすでに第10世代へと刷新されており、次モデルのX13と同じ性能となります

しかしAMDモデルは違います
現行のX395にはRyzen 3000番台のCPUが搭載されており、次モデルのX13にはRyzen 4000番台が搭載されます

この性能アップがどの程度になるのは1つ楽しみな点です

従来のRyzenシリーズはパワーがあるけど、消費電力も高くて燃費が悪い、つまりバッテリーがもたないという弱点がありました。

しかしLenovoが発表した資料によると、X13においてはその弱点は解消されています。

AMDモデルの方が17.5時間、Intelモデルが17時間。
若干ですが、AMD(Ryzen)の方が長くなっていることがわかります

IntelモデルとAMDモデルで価格差がどのくらい付くかわかりませんが、スペック表だけ見ると、AMDモデルの方に興味がわきますね

ただ発売はこの春ではなく第2四半期(3月~6月)ということらしいので、もうちょっと待たないといけません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする