懲りもせずX1 Tabletを待つのなら、ASUS TransBookはどうよ?

ThinkPadファンで次に出るX1 Tabletを買おうと思ってる人はどれくらいいるんでしょう?

いや、ダメとは言い切れないですが、初代があんな感じだったので、くれぐれも慎重に買った方がいいですよとアドバイスしたいですね。

すでにご存知だと思いますが初代のX1 Tabletは完全に失敗でした。製品としても失敗作でしたし、販売戦略も失敗でした。

ぼくは出た当初から、X1 Tabletには厳しい意見を書いてきました。

そんなぼくがおすすめするのはこれ。

ASUS TransBook 3 T303UA-GN054T

え?ThinkPadじゃないの?

ってまあもうちょっと話を聞いてください。

ASUSのTransBook 3がだいぶ安くなっているんですよ。

Core i5、SSD256GB、790gのタブレットが8万円台です。

キーボードは別売りなのですが、それがちょうど好都合なんですよね。

下手なキーボードを強制的に付けられてそれでお値段も10万オーバーするくらいなら、潔くキーボードなしって方が全然マシです。

なぜならぼくには伝家の宝刀「BlueTooth トラックポイントキーボード」があるからです。

この記事がなぜX1 Tabletに興味ある人向けなのか、その理由がようやくおわかりでしょう。

つまり・・・

こんなふうに使えってことです。

キーストローク2.1mmのトラックポイントキーボードをワイヤレスで接続。

790gのタブレットなんで、持ち歩きにはもってこい。しかもCore i5 + SSD256GBのスペック。文句なしでしょう。

Surface Pro 4はOfficeが付いてくるので高くなって12万します。
Lenovoのideapad MIIX 510はキーボード付(赤ポチなし)で11万。
まだ見ぬX1 Tablet(2017)はそれ以上でしょう。

それなら赤ポチと素晴らしい打鍵感を有するトラックポイントキーボードを買って、本体はThinkPadにこだわらないという手はけっこういい線ついてると思います。

さらに言えば、2-in-1にこだわらないというのも柔軟な発想だと褒めてほしいぐらいです(笑)

2017年Core i5のタブレット価格がだいぶ落ちてきています。
その中で、ASUS TransBook 3が安さで今のところナンバーワンです。

⇒ ASUS公式 TransBook 3 T303UA-GN054T

ThinkPadファンなら一台持っておいて損はなし!
⇒ ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする