新発売のASUS TransBook T304UAを見て、型落ちT303UAのお得感が増す結果に

ASUSが今春発売したTransBook T304UAは、T303UAの新モデルです。

キーボード分離型の2-in-1で、CPUはCore i3~Core i7を搭載可能。ハイスペックかつ軽量を実現したモデルとして人気の機種です。

スペック概要

・CPU:Core i3 ~ i7
・メモリ:4GB、8GB、16GB
・SSD:128GB、256GB、512GB
・ディスプレイ:12.6型 HD(2160×1440)
・インターフェイス:USB3.1、USB3.0、microSD、HDMI、ヘッドフォンジャック
・サイズ、重さ:約 298.8×210.1×8.85 mm、0.83kg
・バッテリー駆動:8.4時間
・ペン、キーボード付属

ペンとキーボードが付いてきます。キーボードを合わせた重量は1.18kgです。

ここで先代のT303UAとの比較をしてみましょう。


上の表をよくご覧ください。T304UAのCore i3とCore i5モデル、それにT303UAのCore i5モデルを比較した表です。

個人的にはコスパ面から型落ちのT303UAの方が良いように見えます。

T303UAはキーボードが別売りなのですが、これは後述するように大きな問題ではありません。

T304UAの一番安いCore i3モデルでも9万円台。それに対し、T303UAなら8万円台でCore i5-6200Uモデルが手に入ります。

ちなみにCinebenchのベンチマークスコアでは

Core i3-7100U: 262
Core i5-6200U: 292

と一世代前のCore i5の方が最新のCore i3より上です。

つまり、型落ちのT303UAなら、CPU、メモリ、SSD容量の全てで同じ価格帯のT304UAを上回るのです。

しかもT304UAになって、タブレット自体の重さが0.79kg→0.83kgと若干重くなっています。

唯一、T303UAが劣っている点はバッテリー性能です。

バッテリー駆動時間が今回のT304UAになって飛躍的に伸びました。Core i3モデルはまだ未発表ですが、おそらく9時間くらいはもつはずです。

逆に言うと、バッテリー性能さえ許容できるのであれば、先代のT303UAが断然コスパがいいのです。

キーボードが付いていないですが、必要なら同時購入することが可能ですし、不要な人は買わなくてOKということですから問題ないでしょう。T304UAはその自由度がない分、マイナスです。

キーボードを別で用意するなら、トラックポイント付きのThinkPadキーボードがおすすめ。

重さは0.46kg
キートラベル(キーの深さ)は2.1mmもあるので打鍵感の良さはずば抜けています。

◆まとめ

・コスパなら型落ちTransBook T303UAが圧倒的におすすめ
⇒ ASUS TransBook T303UA-GN054

・バッテリー性能を重視するなら最新T304UA
⇒ ASUS公式オンラインストア TransBook T304UA

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする