サブ機なら3万でOK? ASUSのTransBook R105HA

ASUSのTransBook R105HAはコンパクトサイズで3万円台の安い2-in-1

先日レビューしたSurface Goがキーボード付きで8.7万します

サブ機に8万も出せん!

3万のTransBookで十分!

って感じで買う人が多く、けっこう人気です

・CPU: Atom x5-Z8350
・メモリ: 4GB
・ストレージ: eMMC 64GB
・ディスプレイ:10.1型(1280×800) タッチ対応
・サイズ、重さ:261mm×175mm×20mm 1.08kg(タブレット本体は580g)
・ペン付属

CPUやストレージは最低限のレベル。

Surface Goはこれよりワンランク上のPentium 4415Y+SSD128GBでしたが、それでもせっかちなぼくは少しストレスでした。

それを考えると、Atom + eMMC64GBはもうギリってところでしょう。

普段のネットや動画鑑賞くらいならまだいいのですが、たまに来るWindowsのアップデートとかがけっこう厳しいと思います。

ディスプレイの解像度は1280×800(143ppi)とこの価格帯としては標準レベル。
eMMCの容量は64GBしかないので、写真を保存したりするのは不向きです

Surface Goと比べると、当然見劣りする部分が多いですが、3万と8万の差ですからしょうがないですよね。

正直、TransBook R105HAは安心しておすすめできる水準には達していません

割り切って使いましょう

アマゾンだとこの価格です
ASUS TransBook R105HA-GR049T

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする