mouseが14インチ2-in-1、mouse U4を発売。Core i5でファンレスという珍しい仕様

mouse(マウスコンピューター)が元気です

新型コロナウイルスが世界的に猛威をふるっており、ほとんどのPCメーカーは新モデルの発売ができない状態。

そんな中、日本のメーカーmouse(工場は長野県)が4月13日に発売したモデルはmouse U4

14インチ1.5kg

折りたたんでタブレットにもなる2-in-1です

CPU: Core i5-8265U
メモリ: 16GB
SSD: 512GB (PCIe)
ディスプレイ: 14インチ FHD(光沢タイプ)タッチ対応
USBポート: USB-C x2、USB-A x2
インターフェイス: HDMI、ヘッドフォン
バッテリー: 15時間 (JEITA2.0)
重さ: 1.5kg
ペン付属

というスペックで4月14日現在の価格は12.4万円(税込、送料込)となっています

価格帯としてはちょっと高めですが、メモリ16GB、SSD512GBとハイスペック仕様になっています

ただCPUはCore i5-8265Uで1世代古いです
最新のCore i5-10210Uや、Core i5-1035G4とかを載せられなかったのは少し残念な点です。今後もしかしたら刷新される可能性もあります

ファンレスなので静か

このmouse U4の特徴の1つがファンレス(ファンがない)ということ。
なので動作音がほとんどしません。

数年前に超低電圧タイプのCPUで流行りましたが、Core i5-8265Uでファンレスというのは聞いたことがありません

Core i5-8265UってそこそこパワーのあるCPUで、その分熱も発生します
mouse U4は専用に設計されたヒートプレートで放熱することでファン無しを実現させました

図書館などの静かな場所でも周囲に気を遣わず利用することができます。

インターフェイス(ポート類)は少なめ

1つはSDカードスロットがない点。
もう1つはUSBポートの数です

USBポートは全部で3つあって、USB-Cは2つ。そのうち1つは電源ポートを兼ねています。 つまり電源につなげて使うとすると、余ったUSBポートは2つだけになります

周辺機器への接続を考えている人は注意しないとUSBポートが足らなくなるかもしれません。

Ideapad C340というライバル

LenovoのIdeapad C340 (14)は同じタイプの2-in-1です

表を見てもらえるとわかるように、コスパではIdeapadの方が圧倒的です

ちなみにぼくはこのIdeapad C340をメインPCとして使ってます

Ideapad C340のスペック詳細へ

発売当時、価格破壊と言われ、業界がざわついたIdeapad C340と比較すると、どんな機種でも高く見えてしまうのはしょうがないことです

1つmouseに良いニュースがあるとするなら、充実したサポート体制です

先月mouseのサポートに電話してちょっとしたトラブルを解決してもらった経験から言えることですが、サポート体制にはお金かけてます

・24時間 365日 電話対応

・電話対応は、ちゃんと日本人です

・しかもパソコンをある程度わかってる人です

もし何かのトラブルで困ったことがあっても安心です

やはり日本のメーカーがいいという人に、おすすめです

公式オンラインストア mouse U4

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする