ThinkPad X280の発表に驚く

Lenovoが先日発表したThinkPad X280は、従来のXシリーズから大きく路線変更を行ったモデルでした。

まず驚いたのが重量1.13kgです。
Xシリーズは伝統的に1.3~1.4kgの重さでしたが、一気に1.13kgまで軽量化したのです。


筐体の厚みも薄くなりました。

この2つはとてもうれしいニュースですが、この大きな変化によって少なくとも2つの犠牲が生じてしまいました。

1つは有線LANポートの廃止(※1)
もう1つはSDカードスロットがmicroSDカードになったことです(※2)

あのXシリーズから有線LANポートとSDカードスロットがなくなるなんてちょっと信じられないです。

※1 有線LANについては付属ドングルで対応可
※2 背面にmicro SDとSIMカード用のスロットが付いています

もはや、マルチアダプターなしではノートパソコンは使えない時代になったということなのでしょうか。

ThinkPad X280だけではなく、E480やE580、DELLのXPS 13からもSDカードスロットがなくなりました。

2018年はフルサイズSDカードスロットが絶滅した年として人々の記憶に刻まれることでしょう。

こうした変化は、一部の保守的なThinkPadユーザーから不満の声が上がるかもしれません。特にXシリーズは・・そういうコアなファンが買う機種ですからね。

レノボもそれは重々承知のはず。

しかし1.3kg台のモバイルノートはさすがに時代遅れ。犠牲を払ってでも変化を選びました。

それが今回のX280ということです。

12.5インチ、1.13kgって要はX1 Carbonのコンパクト版という感じですね。

なのでX1 Carbon派のユーザーにはウケはいいでしょう。
ずっとXシリーズを使ってきた人の中にはちょっと否定的な見解を示す人がいるかもしれません。

賛否は分かれると思いますが、薄さと軽さという2つの明確な優位性がある分、やや「賛寄り」が多いのではと予想します。

あとはThinkPadの命とも言える、キーボードやトラックポイントの出来次第でしょう。

先に薄型化したThinkpad Tシリーズはトラックポイントの操作性がやや落ちるという声もありますからね。

実際、厚みのあるEシリーズとTシリーズを比べるとこんなに違います。

Tシリーズに採用されたロープロファイルのトラックポイントがX280にも適用されるとなれば、当然操作性も微妙に落ちる可能性があります。

ポートが少なくなって、操作性も微妙・・それをどのくらい許容できるかは個人のこだわりによるでしょう。

フルHDは必須か?

液晶ディスプレイは

1.HD(1366×768)

2.FHD(1920×1080)

3.FHD+タッチ対応

3通りが選べます。

おすすめはFHDです。
FHD+タッチ対応にすると重量が1.27kg~と重くなります。

HDも1.26kg~と重いですし、しかも輝度も200nitsと低いです。

1.13kg~の軽さが欲しいなら、ディスプレイはFHDの一択です。

価格帯が上昇

1.13kgと一気に軽量化したせいなのか、X270よりも価格帯が上がりました。

一番安いモデルが13.1万(税込、送料込)

Core i5-8550U、メモリ8GB、SSD256GB、FHD(1920×1080)という構成にすると14.6万します。

以前のX1 Carbonクラスの値段ですね。

DELLのXPS 13やHP Spectre 13も同じスペックで16万するので、特にコスパが悪いというわけではありませんが、X250~X270のときはもっと安く買えたのにな~という印象はどうしても受けますね。

上記の価格は、Lenovoのweb限定クーポンを適用した価格です。

通常の販売ページではなく、下記の特設ページをチェックしてみてください。

⇒ ThinkPad X280の割引クーポン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする